VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

AR事業にエイベックスが本格参入!音声AR事業「SARF」を発表!

エイベックス株式会社は音楽の新しい楽しみ方、新しい体験の創出を目的とした、音声によるAR(拡張現実)事業「SARF」のスタートを発表しました。

音声AR事業「SARF」の第一弾として、大塚愛がナビゲーターを務める渋谷の観光ガイドコンテンツをはじめとした、定額制音楽ストリーミング配信サービス「AWA」と「渋谷区観光協会」のコラボ音声ARコンテンツ「AWALK」を5月18日から「AWA」にて提供開始します。



エイベックスの音声AR事業「SARF」とは?

エイベックスが新しく開始しする音声AR事業「SARF(Sound Augmented Reality Factory)」とは、音楽の新しい楽しみ方、新しい体験を、AR(拡張現実)の技術を利用して演出する取り組みです。

「SARF」では現在の定額制音楽ストリーミング配信サービスにスマートフォンやPC・AIスピーカーと言った「IoT デバイス」とを組み合わせることで、サウンドや振動によるこれまでに無い拡張現実を、様々な社会ソリューションやエンタテインメント・コンテンツとして、提供していきます。

これまでの主なARコンテンツは、ポケモンGOのような現実空間上に別の画像データを重ねて表示するといった視覚の拡張を行うものでした。

そのため、視覚拡張によるARスマートフォンなど既存のデバイス画面に依存するため視聴範囲など限られた範囲でしたARを楽しむことができませんでした。

しかし「SARF」がベースとする音声ARは、デバイスの制約や利用シーンの制約を受けない「聴覚」による拡張を前提とするため、「視覚」によるARと比べて幅広いシチュエーションでの導入が可能となっています。

音声AR事業「SARF」が展開予定の4つのカテゴリー

音声AR事業「SARF」は次の4つの事業カテゴリーにて展開予定となっています。

1.観光事業

エイベックスの音声AR観光コンテンツ

  • ・観光地での多言語ルート案内
  • ・トリップビア(トリップとトリビアを合わせた造語)
  • ・サービスを含む音声ナビゲーションシステム
  • ・音楽とトリップビアサービスを組み合わせた「移動時間」のエンタテインメント化ソリューション

と言ったWi-Fiやビーコンなどを活用した、観光音声ガイドを提供するシステムの構築を旅行会社や地域の観光協会など共同で企画開発し、提供します。

2.ゲーム開発事業

エイベックスの音声ARゲーム

  • 観光地での宝探しやスタンプ・ラリー
  • 街や建物を舞台にした「没入型RPGゲーム」

といった現実の街や自然を音声や音楽によってゲーム・フィールド化するサービスを、ゲーム会社や広告会社などと共同で企画開発し、提供します。

このような音声ARによるゲームは視覚情報に頼らないため、予測不可能なサプライズ演出を可能にします。

また、スマホ画面などの視覚情報に頼る場面を極力少なくすることで、ユーザーの体験時におけるセーフティ・ソリューションとしても機能させます。

3.ノーマライゼーション事業

エイベックスの音声AR

音声AR機能を

  • 信号
  • 横断歩道
  • 点字ブロック
  • 盲導犬

などの既存の物理的ソリューションと組み合わせることで、より安全で円滑なノーマライゼーション環境の実現を目指し、視覚障害者に対するアクセシビリティの向上を目的とした「音声ガイド」の企画開発・提供を行います

4.「SARF」コンテンツ創作の民主化事業

エイベックスの音声ARによる民主化

エイベックス株式会社ならではのシナジーを活用して、

  • ・一般のクリエイターのための「著作物(楽曲)利用サービス」
  • ・サウンドARコンテンツ制作から配信までをユビキタス化するアプリ

といった個人による個人のためのコンテンツ創作を推奨・サポートを行えるサービスを開発予定です。



「SARF」の第一弾音声ARコンテンツ「AWALK」が5月18日からスタート

「SARF」による第一弾音声ARコンテンツ「AWALK」が2018年5月18日(金)からスタートします。

音声ARコンテンツ「AWALK」は定額制音楽ストリーミング配信サービス「AWA」と「渋谷区観光協会」とがコラボした登場した世界初の音声ARコンテンツサービスです。

「AWA」とスマートフォンを利用し、観光協会のバックアップを得ながら「渋谷」という場所と連動した音声ガイドや音楽BGMを配信することで、音楽の新しい楽しみ方と新しい体験を演出します。

街を舞台にして自分が主人公の冒険の旅が楽しめる、新感覚の没入仮想型アウトドア体験が味わえます。

場所と音声ガイドや音楽BGMとの連動は、GPSやビーコン、Wi-Fiなどのテクノロジーを用いて、位置情報などのユーザー情報を取得することで実現しています。

「AWALK by AWA / creative directed by SARF」配信コンテンツ

音声ARコンテンツ「AWALK」の配信コンテンツは次の3つです。

1.「AWALK TOKYO散歩 by 大塚 愛」

「AWALK TOKYO散歩 by 大塚 愛」は大塚愛自身がナビゲーターを務める観光ガイドコンテンツです。

体験者は音声ガイドに従って、表参道交差点から渋谷駅までのルートを散策できます。

大塚 愛の東京をテーマとした楽曲「TOKYO散歩」をBGMに、渋谷区の観光案内やトリップビアに加え、クイズやおすすめスポットの紹介などが楽しめます。

2.「AWALK in SHIBUYA by FAMM’IN」

「AWALK in SHIBUYA by FAMM’IN」は渋谷区観光大使でもあるFAMM'INの楽曲をBGMとしたサウンドARゲームです。

渋谷駅からラフォーレ原宿までのルートを2人1組で没入体験するRPGコンテンツで、謎解きやリアルショップとの連動企画が盛り込まれています。

3.「AWALK in “MAGNET by SHIBUYA109” by Miracle Vell Magic」

「AWALK in “MAGNET by SHIBUYA109” by Miracle Vell Magic」は渋谷スクランブル交差点に面する最高の立地に、先日オープンした「MAGNET by SHIBUYA109」の館内にて

  • 館内案内
  • クイズ
  • 謎解き体験

などを2人で楽しめるコンテンツとなっています。

「AWALK in “MAGNET by SHIBUYA109” by Miracle Vell Magic」のナビゲーターを務めるのは、「Miracle Vell Magic」です。

「Miracle Vell Magic」は「NOWPLAYING JAPAN」によって「ネクストブレイクアーティスト」に選出された逸材です。

 

音声AR事業「SARF」のパートナー

「SARF」は音声ARを社会ソリューションとしてエコシステム化し、利用価値を高めていくために、様々な企業や団体、行政機関と連携しています。

「SARF」のパートナーは以下の通りです。

テクノロジー・パートナー

・Panasonic

ミュージック・パートナー

・AWA

コンテンツ・パートナー

  • ・伊勢丹新宿本店
  • ・大阪芸術大学アートサイエンス学科
  • ・サイバーエージェント
  • ・渋谷区観光協会
  • ・Downtown Music Publishing
  • ・東急エージェンシー
  • ・博報堂DYメディアパートナーズ
  • ・MARK STYLER

まとめ

音声ARという発想は、多くのアーティストを抱えているエイベックスらしい事業ですね。

しかし、視覚によるAR(拡張現実)が主流の中で音声でのARを追求する発想は斬新で驚きました。

いったいどのような体験になるのか想像もつきません。

斬新な切り口だけにどのような体験になるのかが非常に楽しみです。

関連サイト:SARF公式サイト

ソース:SARFプレスリリース[PR TIMES]





元オタクショップの店長。 現在はVR InsideおよびVR通信の編集長を務める。 VRにどはまりし、少しでも多くの人にVRの魅力を伝えられるように日々奮闘中。

最新ニュースを読む