VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

RPG体験ができる空間を作成できるVRシステムが公開!

イメージ

ユーザー自身がVR用空間を作成できるメガソフト社のVRシステム「メガソフトVRソリューション」について、同社は6月4日(月)ヘッドマウントディスプレイ装着者自身がハンドコントローラーを操作して空間内の任意の場所へ移動したり、家具を動かす・扉を開く・照明を点灯するなどの操作ができる機能を開発したと発表しました。

メガソフト社によると、この機能は2018年6月1日出荷分から同製品に標準搭載され、保守契約中の同製品ユーザーにはアップデータとして無料配布するということです。

イメージ

メガソフトVRソリューションがRPG的体験も可能に



メガソフトVRソリューションとは

ヘッドマウントディスプレイを利用してVR空間を活用する建築物体験システムです。

同製品公式サイトによると、専用のゴーグルを装着することで空間の広がりや距離感まで感じられ、VR空間内で家具や建具の入れ替え、壁紙・外壁材の変更などをリアルタイムに編集できるので、VRでしか体験できない空間プレゼンテーションが可能になるということです。

「見る」から「体験する」へ変化する空間プレゼン

このメガソフトVRソリューションの大きな特徴は、クリエーターに頼らずエンドユーザー自身がVR空間を作れる点、VR体験中にオペレーター操作で空間編集ができる点で、これまでに住宅、インテリア、医療施設など、様々な空間の体験や検討に活用されています。

今回実施されたバージョンアップにより、RPGのフィールドで繰り広げられる”冒険”のように、扉を開く・中へ入る・物を動かす・紐づけされたイベントを再生する・照明のON/OFFなどといった動きのあるVR空間がユーザー自身により作成でき、さらにVR空間で即座にプレイできるようになっています。

イメージ

www.megasoft.co.jp/publish/vrsolution_up1806/より引用

まとめ

VR空間を自作できるメガソフトVRソリューションに、VR用ゴーグルとハンドコントローラーを装着して、空間内の任意の場所へ移動したり、家具を動かす・扉を開く・照明を点灯するなどの操作ができる機能が実装されました。

VR空間を利用して新築マンションなどの建物内部を見るVR内見システムはこれまでにも多数出ておりますが、この機能によりVR空間でRPGをプレイしているような感覚で物件が体験できます。

平面図の間取りだけではなかなかつかめないドアなどの動きがより分かりやすくなりますね。

関連サイト:メガソフトVRソリューションプレスリリース[valuepress]





VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む