VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRを活用し労災ゼロを目指す!安全体感VRトレーニング建設現場シリーズ販売開始へ

安全体感VRトレーニングに「建設現場シリーズ」登場

株式会社積木製作が6月7日(木)、建設現場等のものづくりに関わる様々な現場で活用できる安全教育VRソリューション「安全体感VRトレーニング」の新シリーズ「建設現場シリーズ」の販売開始を発表しました。



安全体感VRトレーニングとは?

安全体感VRトレーニングは株式会社積木製作が開発した、VR技術を活用した訓練・研修コンテンツです。

日本では今、建設業界を中心に発生している深刻な人手不足や技術継承が社会問題となっており、どのようにして教育を効率よく、かつ有効な方法で行えるかが課題となっています。

安全体感VRトレーニングはそんな教育の課題を解決するために開発されたVRコンテンツで、2017年4月から販売を開始しています。

安全体感VRトレーニング「建設現場シリーズ」を新たに販売!

これまで、安全体感VRトレーニングは全業種を対象とした安全体感型の教育コンテンツが展開されてきましたが、より専門的な情報や現場のニーズを反映したコンテンツにするために、建設現場に特化した「建設現場シリーズ」が新たに開発されました。

安全体感VRトレーニング「建設現場」シリーズ内容

安全体感トレーニング「建設現場」シリーズ第1弾として、

「可搬式作業台を使用した危険体験」

が販売開始されています。

2018年7月以降には第2弾「開口部廻りの危険体験」

第3弾「外部仮設足場における危険体験」

の販売も予定されているようです。

業界のトップ企業の情報を盛り込む

建設現場シリーズは、専門的な観点からの情報を盛り込むため、積木製作社と安全教育に関して意見交換が行われてきた清水建設株式会社、戸田建設株式会社、三機工業株式会社の3社から情報提供を受け、より実践的な教育ツールとして開発が進められていました。

情報提供を行った3社はこの新コンテンツを社内の安全教育に組み込み、さらに随時フィードバックを行うことでより有用なコンテンツとしてブラッシュアップしていく予定だということです。



安全体感VRトレーニングの体験は3D・バーチャルリアリティ展で

東京ビックサイトで6月20日(水)~6月22日(金)に開催される「3D・バーチャルリアリティ展」に、「可搬式作業台を使用した危険体験」が出展されるということです。

出展されるコンテンツは展示会用の特別バージョンということで、講師と受講生が同じバーチャル空間を共有し、危険体験ができる内容となっています。

今後の安全教育VRコンテンツについて

積木製作社は、開発時に情報提供を受けた清水建設株式会社、戸田建設株式会社、三機工業株式会社の3社から現行のコンテンツについてフィードバックと現場要望に応える実践的な情報提供を継続的に受け、さらにより現場で役立つ安全教育VRコンテンツの開発を行っていくということです。

また今後はより多くに利用してもらうため、eラーニングとVRを融合させた開発も進めていくとしています。

まとめ

積木製作から今回、安全体感VRトレーニングに建設現場シリーズが登場しました。

これまでにもVRを活用した防災・研修システムが出ていますが、これは建設現場という場合によっては危険が伴う現場の注意すべき点を学べます。

こういった危険な現場を体験できるのもVRならではですね。

今後もっと、さまざまな業界でいろんな場面を体験できるVR教育システムができるといいですね。

関連サイト:VR教育用コンテンツ制作 VROX

ソース:安全体感VRトレーニング建設現場シリーズプレスリリース[PR TIME]





VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む