VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRをものづくりに!最先端を体感できる3D&バーチャル リアリティ展が6月20日より開催

VRでビジネスが大きく変わる!?「第26回 3D&バーチャル リアリティ展」

2018年6月20日(水)~22日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第26回 3D&バーチャル リアリティ展」について、主催者であるリード エグジビション ジャパン株式会社から、注目の出展製品の一部が公開されました。



3D&バーチャル リアリティ展について

「3D&バーチャル リアリティ展」は、最新のVRシステムや最先端の3D技術、超高精細の映像技術が一堂に出展される専門技術展覧会です。

「3D&バーチャル リアリティ展」では見て触れるだけでなく、スマートフォンやヘッドマウントディスプレイ等を使って、多くのVR・3Dコンテンツが体験できる展示会となっています。

主催者は

「VRを活用することでものづくりやビジネススタイルが大きく変わる機会となるよう、ぜひ会場で体験してほしい。」

とコメントしています。

今回の注目の出展製品(一部)

「3D&バーチャル リアリティ展」で注目の出展商品を一部紹介します。

日本初上陸!大型MRディスプレイ「DeepFrame」

【 製品名:DeepFrame / 社 名:(株)ケー・シー・シー・商会 】

特殊な凹面の光学レンズで構成された大型ディスプレイ。

ヘッドセットやスマートグラスなどは一切不要で、64インチの大画面に広がるMR画像は、まさに異次元の景色。

あらゆるサイズと距離感で、見るものが息をのむようなデジタル映像を体験することが出来ます。

引用元:第26回 3D&バーチャル リアリティ展 公式サイト

世界最高峰の高解像度・高速度モーションキャプチャシステム「VICON」

【 製品名:VICON / 社 名:(株)クレッセント 】

Image engineering のプロフェッショナル集団が送るVantage/Veroカメラシステムは、他社の追従を一切許さないフルデジタルモーションキャプチャシステム。世界最高峰の高解像度と高速度カメラで、ダイナミックな演技や微妙な表情の変化、動物や機械などのあらゆる被写体の運動を高精度かつ無制限に解析することができます。

引用元:第26回 3D&バーチャル リアリティ展 公式サイト

世界一の画像・動画認識エンジン「ARme」

【 製品名:ARme(アルミ)画像、動画認識エンジン / 社名:NSENSE(株)】

用意するのはターゲット(認識対象)とコンテンツだけ。

好きな画像にカメラをかざすだけで、テキストから3Dまで表示できます。

また、パッケージや商品PRからキャンペーン、ECサイトへ連動させたり、動画を認識して関連サイトにリンクさせることも可能。

様々な場面でのビジネス活用をサポートします。

引用元:第26回 3D&バーチャル リアリティ展 公式サイト

圧倒的な没入感が体感できる「AV・VRスピーカ」

【 製品名:AV・VRスピーカ VRS-1 / 社名: オーディオハート(株)】

11.2チャンネルのスピーカを理想的な配置ですべて内臓した、椅子型スピーカ。

優れた技術力により実現した、美しいフォルムと圧倒的な性能を持った硬いシェルは、内部の音を外に漏れにくくし、14個のスピーカが体を取り囲みます。圧倒的な没入感を体験ください。

引用元:第26回 3D&バーチャル リアリティ展 公式サイト

世界最高のハイエンドHMD「StarVR」

【 製品名:StarVR / 社 名: (株)ビーライズ 】

世界最高の広視野角・高解像度を特徴とするハイエンドなVR HMD。

国内で販売されているVR製品の平均視野角が100~120°程度に対し、最も広い広視野角の210°モデルです。

左右に独立した有機ELディスプレイパネルを搭載したことにより、実現しました。

引用元:第26回 3D&バーチャル リアリティ展 公式サイト

その他、建築現場で活かせる飛び出す図面投影製品や、CAD空間に入り込める製造業向けの3次元デザインレビューアプリケーションなど多数のものづくりに活かせる最新技術製品が出展されます。

参考サイト:3D&バーチャル リアリティ展特集リリース

第26回 3D&バーチャル リアリティ展 概要

日時 2018年6月20日[水]~22日[金]  10:00~18:00(22日のみ17:00まで)
会場 東京ビッグサイト
主催 リード エグジビション ジャパン株式会社
出展社数 2,580社(見込み)
同時開催展 第29回 設計・製造ソリューション展 / 第22回 航空・宇宙機器 開発展 / 第9回 ヘルスケア・医療機器 開発展

まとめ

「VR元年」と言われた2016年当初は「VR」といえば、ゲームやレジャー施設などエンターテインメント性が強いものが、市場を占めていましたが、今では教育・医療現場での人材育成、製造現場での技術伝承等、幅広い分野で活用が進んでいます。

本展示会は「日本 ものづくり ワールド 2018」内での開催ということもあり、ものづくり・ビジネス用途の最先端のVR製品・技術を体感できる展示会となっています。

さらにカテゴリーごとに以下の専門フェアも特設されています。

  • ヘッドマウントディスプレイフェア
  • AR フェア
  • 3D地図・GIS フェア
  • 3次元計測 フェア
  • その他 3D・VR 製品

ビジネスに活用したい方も、どんな技術があるのか知りたいという方にも最適な展示会ではないでしょうか。

まずは、3D&バーチャル リアリティ展公式サイトをチェックしてみてください。

ソース:第26回 3D&バーチャル リアリティ展プレスリリース[PR TIMES]





VR・AR・MRの最新情報を配信します。

最新ニュースを読む