VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

最新の一体型VRゴーグル「IDEALENS K3」の先行体験も!「3D&バーチャルリアリティ展」にクリーク・アンド・リバー社が出展!

イメージ

クリーク・アンド・リバー社が、6月20日(水)~22日(金)に東京ビッグサイトで開催される「3D&バーチャルリアリティ展」に一体型VRゴーグル「IDEALENS K2+(アイデアレンズ ケーツー プラス)」を活用したVRソリューションなどを出展することを発表しました。


「IDEALENS K2+」とは

IDEALENS K2+

「IDEALENS K2+」はクリーク・アンド・リバー社が販売しているスタンドアロン型VRゴーグルで、

  • ・アミューズメント施設
  • ・博物館
  • ・ビジネスホテル
  • ・教育・研修

など幅広い業界で導入されています。

今夏以降には、後継機となる高解像度の一体型VRゴーグル「IDEALENS K3」が日本で受注生産される予定となっています。

「3D&バーチャルリアリティ展」の出展ブースでは「IDEALENS K2+」を使用した

  • 「VR教育研修ソリューション」
  • 「建物系VRソリューション」

が展示されるほか、「VR遠隔医療教育通信システム」の紹介がされる予定です。

クリーク・アンド・リバー社出展概要

展示会 第26回 3D&バーチャル リアリティ展
小間番号 東1-14
都道府県 東京都
取引実績 <業種>
その他 製造業、化学、食品、医薬品 医療、ヘルスケア、電機、精密機器、自動車、輸送機器
<医療関連>
その他 医療機器

教育研修・アウトソースを中心とした様々なVRサービスの紹介!

当社ではハード・コンテンツ・R&Dなど、VRに関するトータルソリューションを一気通貫で対応することが可能です。 話題のスタンドアロン型VR「アイデアレンズ」商品を取り扱い、BtoB領域での導入実績が多々ございます!今回は特に製造業に向けたVR教育研修プランやアウトソースを中心にご紹介させていただきます。

引用元:日本ものづくりワールド2018公式サイト




クリーク・アンド・リバー社出展内容

VR教育研修ソリューション

eラーニング専業の株式会社デジタル・ナレッジと協同での出展で、VRを活用したeラーニングの紹介が予定されています。

参考サイト:デジタルナレッジ公式サイト

建築系VRソリューション

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社と協同での出展で、3Dビジュアライゼーション・ツール「VividPlatform」のVRでの展開の紹介が予定されています。

「VividPlatform」とは

VividPlatformは、簡単な操作で建築・内装・インテリアをタブレット上で配置や色の変更ができる3Dビジュアライゼーション・ツールです。

製品のデザイン・シミュレーションはもちろん、空間での配置や利用シーンを、イメージしやすいビジュアルで伝えることができます。

引用元:VividPlatform公式サイト

VRビジネスソリューション

クリーク・アンド・リバー社のビジネスソリューション

  • VR遠隔医療教育通信システム
  • VRレンタル
  • VR人材事業
  • 保守サポートシステム

の4つの紹介が予定されています。

「VR遠隔医療教育通信システム」とは

遠隔地の映像をVRに映し、その場に居合わせるかのような体験を実現するVRライブの技術を利用したソリューションです。

低遅延保証で配信したライブカメラ映像の双方向アノテーションを実現し、当該映像を表示・視聴・操作するためのVRデバイス専用ビュアーによってインタラクティブなコミュニケーションを実現しています。

これにより、現場にいる医師や患者とのリアルタイムのやり取り並びに遠隔の医師が行っている問診のサポートを行えるようになっています。

これ以外にも施設点検や機械メンテナンス、社内研修、営業への活用など、幅広い用途が期待されます。

引用元:クリーク・アンド・リバー社公式サイト

IDEALENS 3Kデモ機展示

クリーク・アンド・リバー社より今夏以降受注生産が予定されているの高解像度一体型VRゴーグル「IDEALENS K3」のデモ機体験ができます。

イメージ

第26回 3D&バーチャルリアリティ展( 日本 ものづくり ワールド 2018 内 )概要

開催日時 2018年6月20日(水)~6月22日(金)10:00~18:00
※22日(金)のみ17:00終了
開催場所 東京ビッグサイト:東京都江東区有明3-11-1
Webサイト 「第26回 3D&バーチャルリアリティ展」公式サイト

まとめ

クリーク・アンド・リバー社が第26回 3D&バーチャルリアリティ展にVRソリューションなどを展示します。

どれもVRを活用すればより便利になるものですが、特に医療へのVRの活用は画期的だと思います。

医師不足だと言われている今、これがあれば都市部にいながら地方の患者さんを診ることができますね。

また今回デモ展示が予定されている「IDEALENS K3」も楽しみです。

ますます手軽に、高画質なVR体験ができるようになるでしょう。

ソース:クリーク・アンド・リバー社出展プレスリリース[PR TIMES]










VR・AR・MRの最新情報を配信します。

最新ニュースを読む