VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRは人間の記憶力を向上させるー米国の大学による調査によって明らかに

空間に丸ごと没入できるVRは人間の記憶力を向上させる、という研究結果が発表されました。

米国メリーランド大学が行った調査によると、VRを用いることで空間を認識しやすくなり、その結果記憶力に関わる空間認識能力が向上するとのことです。


VRによって記憶力が向上するとの結果、米メリーランド大学が行った実験

今回の実験では「メモリーパレス(記憶の宮殿)」という記憶法を使って記憶テストを行い、参加者を調査しました。

参加者は2グループに分かれ、片方はVRを、もう片方はPCを用いてこの「メモリーパレス」の実験を行ったところ、VRを用いた方がPCを使った場合よりも大幅な記憶力の向上が見られました。

「メモリーパレス(記憶の宮殿)」とは

「メモリーパレス」とは、よく知っている場所(ビルの部屋など)を思い浮かべ、そこに記憶したい対象や絵を置いていくことで対象を記憶する方法です。

この方法を使うと、人間はより多くの情報量を空間的に把握することが可能になり、思い出すことが簡単になるといいます。

実験の参加者は、著名人や大統領など、なじみのある人の顔写真が並んだバーチャル空間の中を観察するように指示されますが、片方のグループはVRヘッドセットを装着して、実際に空間の中に没入して部屋のあちこちを観察します。

一方で、もう片方の参加者はデスクトップPCとマウスを使って、2D画面のゲームをプレイする感覚で部屋の中にあるものを観察します。

その後、配置された写真のうちの一部を空白に置き換えてから、再び一連の動作を参加者に促します。するとVRを使用した参加者のほうが、空白の部分に誰の写真があったかをよく思い出すことができました。

VRは人間の記憶力を向上させる

今回の調査において、VRヘッドセットを用いたグループは、PCを使ったグループと比較して、記憶の正確性が8.8%高まり、これは統計的に見ても著しい結果とのことです。

現在、調査の詳細を記載した論文が発表されていますが、本論文の執筆者で、メリーランド大学にてコンピューターサイエンスの博士課程を専攻するEric Krokos氏は、

「洞窟に掘った絵、粘土板、紙の印刷、ビデオと、人間はいつの時代も視覚をベースにした方法で情報を記憶してきた。(中略)VRが、この進化の次のステップなのかを調べたかった」

と述べています。

また、メリーランド大学にてコンピューターサイエンスを専門とするAmitabh Varshney教授は、

「没入型の環境が新しい道を開き、教育や高度なスキルのトレーニングの分野において良い結果をもたらす可能性がある。そのため、このデータに気持ちが高ぶっている」

と、大学のウェブサイトに掲載された記事にて述べています。

日本を含め、各国でVRを学校・企業教育で活用する取り組みが進んでいますが、このような具体的な実験結果があると、VRやARをトレーニングや教育で使うメリットを証明できますね。



VR/ARが教育・トレーニングで発揮する効果とは

VR/ARはエンターテイメントだけでなく、教育やトレーニングにおいてどのような効果を発揮するかを調査するため、様々な実験が行われています。

また、VR/ARを活用した教育・トレーニング用のソリューションも登場しており、VR Insideで過去に取り上げた事例をいくつかご紹介します。

ARを取り入れた教育では、生徒の理解度と関心が上がる

米国の教育系スタートアップ企業Lifeligeは、Microsoft HoloLensを用いた学習用ARアプリ「Lifelige HoloLens」を開発し、米国で義務教育を受ける11~17歳の生徒向けに試験的に導入しました。

プログラム後の調査では、約83%の生徒が授業内容により強い関心を感じ、81%の生徒が「Lifelige HoloLens」を用いて学習したことで教科の理解度が深まったと報告。

そして参加した教員によると、プログラムを通して生徒の理解度と集中度が向上したとのことです。

「Lifelige HoloLens」が扱う教科は解剖学から化学、物理学から地質学などさまざまで、生徒はAR表示された3Dモデルを通して人間の精神構造を調べたり、津波が教室に押し寄せる様子をホログラムを通して体感的に学習することができます。

Microsoft HoloLensは、現時点では30万円以上する高額なデバイスですが、モバイルARや、今後低価格のARデバイスが登場するにつれて、教育でもARを実用化する学校が増えるかもしれません。

参考:ARを用いた教育は、生徒の理解度と関心を向上させる

VRで繁忙期の忙しさを体感する

米国の小売りチェーン店のウォルマートでは、従業員のトレーニングにVRを用いています。

これは同社で働くスタッフたちに、快適でコスト効率の良いマナーを身に着けさせることが目的ですが、同社ではVRシミュレーターを導入してトレーニングを行っています。

米国で毎年11月に開催される安売りセール、通称「ブラックフライデー」の繁忙期の慌ただしい店内をVRで再現することによって、実際の状況を体感的に学習することができます。

VRを使用した従業員は、バーチャルシミュレーションを体験しなかった従業員に比べてより良いトレーニング情報を獲得できるという結果が出ており、トレーニングにVRを活用するメリットを証明しています。

参考:「ブラックフライデー」を体験!ウォルマートが従業員教育にVR導入

アルバイト向けのVR研修でモチベーション向上

日本でも、VRがトレーニングに活用されています。

居酒屋「塚田農場」を全国展開する株式会社エー・ビー・カンパニーは、飲食業界では初となるVRを使用した研修プログラムをアルバイト向けに行っています。

同社では、もっとも来店者に触れる機会が多いのがアルバイトだと考え、アルバイトが個人個人の役割を理解し、モチベーションを上げるためにVRによる研修を取り入れたとのこと。

これまで社員向けの研修では、実際に宮崎や鹿児島へ行き、養豚業や加工業を現地で見学体験する現地研修を行ってきましたが、VR研修ではこの現地研修をベースにしています。

産地の養豚場や加工センターをVRで疑似的に体験することで、素材の価値を理解させるとともに自らの役割に対して理解を深めることを狙いとしています。

関連:居酒屋『塚田農場』が飲食業界で国内初のVRを活用したアルバイト向けVRを活用した研修プログラムを2017年7月ローンチ

まとめ

VRが人間にもたらす様々なメリットが、具体的な事例を通して実証されていますね。

VRが空間認識能力を刺激することで記憶力が高まるというメソッドは、教育や研修、医療など様々な分野で活用できそうです。

現在、様々な企業や学校でVRを活用する取り組みが進んでいますが、VRの普及に伴って、VRがもたらすメリットにもより大きな注目が集まりそうです。

メリーランド大学が行った実験をはじめ、様々な調査によって今後発見されるVRのポジティブな効果にはどのようなものがあるか、今後に注目されます。

参考サイト:CNET Japan










ライター兼翻訳家。2016年12月にプレイステーションVRを体験したことをきっかけにVRに関心を持つ。ARやドローン、AIなどの先端テクノロジー全般に興味があり、SF化する世の中にワクワクしています。

最新ニュースを読む