VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

電通がVRでスポーツ観戦が可能な「Fanglass」を開発!

イメージ
イメージ

新しいスポーツ観戦体験を提供する「Fanglass」を開発。(画像は公式サイトより引用)

電通が6月18日(月)、現在市場の拡大が見込まれているスポーツ・エンターテインメント分野でのVRビジネス開発支援体制を強化していくことを発表しました。

これまでにも、スポーツ観戦の没入型ライブ中継サービス用のVRプラットフォームを開発する「LiveLike Inc.(米)」への出資、グループ横断組織「Dentsu VR Plus」の発足などを通じたVR領域のビジネス化を推進してきた電通ですが、スポーツ・エンターテインメントコンテンツは有望分野であることから、今回専門人材や外部ネットワークの拡充を図るなどチーム体制の強化に踏み切ったということです。


リアルとVRを行き来する新しいスポーツ観戦体験!「Fanglass」開発へ

今回、スポーツ・エンタテインメントコンテンツ体験の第1弾として、リアルとVRを行き来する新しいスポーツ観戦体験のためのプロトタイプ「Fanglass」が開発されました。

「Fanglass」とは

リアルとVRの世界を行き来しながらスポーツ観戦ができるVRゴーグルです。

ライブライク社の技術をベースにしたスポーツ観戦体験に最適化されたUI(ユーザーインターフェース)、UX(ユーザーエクスペリエンス)を持っており、ゴーグルをかけるだけでいろんなアングルからスポーツを観戦することが可能です。

また「ソーシャルVR機能」が搭載されており、VR空間内に離れたところにいる仲間のアバターが現れて一緒に好きなチームを応援したり、次の展開を予想したりすることができるなど、その場を共有する感覚で観戦が楽しめる新しい形ののスポーツ体験を実現しています。

スポーツ観戦が新しくなる

目の前のプレーは楽しみながら、いろいろな席や、審判の目でも楽しむ。そんなファンの夢は、Fanglassで叶う。リアルとVRの世界の手軽な行き来で、スポーツ観戦は新しくなる。

家でもスタジアムでも

テレビの前で。スタジアムで。Fanglassをさっと装着。今のプレーをリプレイしたり、次のプレーをベンチから観たり。ワンアクションで、観戦が何倍も楽しくなる。

リアルタイムで仲間とつながる

離れたところにいる仲間とも、「ソーシャルVR機能」でつながる。好きなチームを応援したり、次の展開を予想したり。その場に一緒にいる感覚で、観戦を楽しめる。

イメージ

引用元:Fanglass公式サイト




Fanglassの特徴

Fanglassには

  • 直感的に操作可能なVR によるUI
  • 一瞬で組み上がる特殊設計

の2つの特徴があります。

直感的に操作可能なVR によるUI「Face Flick」

Fanglassはユーザーの利便性を念頭に設計されており、顔を動かすだけで直感的に欲しい情報を選ぶことができるUI「Face Flick」が搭載されています。

顔の向きで選択する新しいUI

顔を向けるだけでスムースに欲しい情報を選べるUI、「Face Flick」を新開発。複雑な設定などVRに向かない操作を担うスマホモードとのハイブリッドで、抜群の操作性を実現。

引用元:Fanglass公式サイト

一瞬で組み上がる特殊設計

Fanglassは開いた状態から一瞬で組み立てることができるように、磁石による特殊設計となっています。

組み上げる際にスマホをを入れて使用します。

一瞬で組み上がるゴーグル

ゴーグルは、開いた状態から瞬時に組み上がる特殊設計。スマホを内部に格納することができ遮光性も抜群。スマホモードとVRモードの行き来を、これまでになくカンタンに。

イメージ

イメージ

引用元:Fanglass公式サイト

まとめ

電通がスポーツ・エンターテインメント分野でのVRビジネス開発支援体制を強化し、その第1弾として、リアルとVRを行き来する新しいスポーツ観戦体験が可能になる「Fanglass」を開発しました。

VRを活用してスポーツを観戦するというものは今までにもたくさん出ていますが、VRで生観戦できるというのは画期的です。

さらに「Fanglass」にはソーシャルVR機能によって遠くにいる人と一緒に観戦できたりと、より一層VRでのスポーツ観戦が楽しめるようになっています。

自宅にいながらも、会場にいるような感覚でスポーツ観戦が楽しめるなんて、ついにここまで来たか!という感じがしますね。

ソース:Fanglass開発ニュースリリース[電通公式サイト]










VR・AR・MRの最新情報を配信します。

最新ニュースを読む