VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR x AIによって業務効率を大幅に改善するアプリ、NTT東日本「スマートイノベーションラボ」にて実証実験を開始

DVERSE Inc.はNTT東日本が共同で、VRとAI(人工知能)を組み合わせた、建築や土木、デザインなどの分野で大幅なコストカットや効率化を実現できるアプリを開発中で、2018年6月28日にNTT東日本「スマートイノベーションラボ」にて実証実験を開始したと発表しました。


VR x AIによって、建築デザインやインフラ点検を最適化するアプリが開発中

ビジネス向けVRアプリ「SYMMETRY(シンメトリー)」の開発を行うDVERSE Inc.は、NTT東日本と共同で、建築や土木などの分野において活用できるアプリの実証実験を行っています。

このDVERSE Inc.とNTT東日本の共同開発アプリはNTT東日本が提供する施設「スマートイノベーションラボ」にて開発が行われており、VRとAIを用いて、建築デザインの最適化や、コンクリート等のひび割れを自動検出・予測・ビジュアライズ化することで、従来は大きな労力と時間を要していたインフラ点検の自動化などを図ります。

AI、VR、音声認識によって、誰もが簡単に使えるアプリに

この開発中のアプリでは深層学習、VR、そして自然言語認識技術を組み合わせることで、誰もが簡単に、直感的に使うことができます。

アプリでは深層学習を用いた画像認識を使用しますが、従来の画像認識はおもに2Dの画像を対象としていました。しかし、開発中の本アプリでは3Dモデルを認識できる新たな深層学習を導入します。

これによって、AIはVR空間内にある様々な立体物を認識できるようになります。たとえば、シングル/ダブルベッド、イス、机、ドアなどを、物体の形に応じてAIが自動的に認識します。

ここに音声認識を加えることによって、アプリを使用中に「イスの色を赤に変えて」「玄関のライトをもっと明るくして」「天井の高さを3センチ低くして」などとアプリに伝えるだけで、VR内で見ている3Dモデルや建築デザインを、音声によって簡単に確認、修正、提案などを行うことができます。

最近、「Amazon Alexa」や「Google Home」などのスマートスピーカーが普及しつつありますが、複雑なインターフェイスを操作せずに音声だけでアプリをコントロールできるので、誰もが簡単に、直感的に操作することができます。

インフラ点検を自動化することで、大幅なコスト削減や効率化が可能に

このVR・AIアプリを使うことで、従来は大きなコストと時間を要していた作業を大幅に効率化することができます。

インフラ点検を例に挙げると、ドローンなどで撮影した画像をもとにして、高解像度の2D画像、もしくは3Dモデルの生成を行います。これらのデータを教師データとしてAIに学習させると、たとえばコンクリートのひび割れ等を自動的に検出したり、ひび割れが発生しそうな箇所を予測することができます。

また、従来では建物の損傷個所を個別に写真に撮って、バラバラに記録していましたが、VRを活用することによって、損傷状況を収めた写真を一つの空間に収めることができ、確認が容易になります。

これにより、従来は大幅な手間と時間を要していたインフラ点検が自動化され、また作業工数を大幅に削減することができます。

NTT東日本「スマートイノベーションラボ」と共同で実証実験開始

本アプリは、ビジネス向けVRコンテンツ開発企業であるDVERSE社によって開発が行われており、NTT東日本が提供する施設「スマートイノベーションラボ」にて6月28日(木)より実証実験を開始しました。

アプリの名称などに関してはまだ不明ですが、今後開発が進み、やがては様々な現場で使用できる製品としてリリースされることが望まれます。

スマートイノベーションラボとは?

NTT東日本による、同社が保有する通信ビルなどのアセットを活用した共同実証環境。

パートナー企業や大学などと共に、AIやIoT(モノのインターネット)技術を活用したビジネスモデルの早期実現や社会実装を加速することで、社会課題の解決を目的としています。

昨今、AIやIoTの重要性が注目されつつある背景を踏まえて、同社が保有する通信ビルなどのアセットを活用し、AI・IoT技術を保有するパートナー企業や、大学などと共同で検証を行います。

深層学習を用いたAIの学習には膨大なデータを高速処理できる高度な環境が必要になりますが、NTT東日本が保有する高速処理が可能なGPUサーバーなどの環境の提供に加え、パートナー企業や大学が共同作業できるスペース「スマートイノベーションルーム」を設置しています。

パートナー企業や大学との共同実験を通じて得た知見をもとに、NTT東日本が東日本各地に保有する通信ビルやデータセンター、閉域ネットワークを活用した安全で高信頼な研究環境を提供し、AI、IoTの社会実装の加速を目指しています。



「SYMMETRY(シンメトリー)」とは?

DVERSE社が開発、提供するVRアプリ「SYMMETRY(シンメトリー)」は、建築、エンジニアリング、土木などの分野で活用できるビジネス向けVRアプリです。

建築デザイン業界で普及している3D CADデータをVR空間で閲覧することが可能で、建物の構造や家具の配置などを実寸大のVR空間で試すことができます。

建物のCADデータを読み込むとミニチュアの模型としてVR内に現れ、コントローラーを使ってポイント表示すると実寸大に拡大され、完成した建物の中に実際にいるかのような感覚になります。

これによって、工事を始める前に完成図をあらかじめ体験したり、建築関係者が完成予想図を直感的に把握することができる、などの使い方ができます。

本アプリはHTC Viveのみに対応しており、Steamにて無料でダウンロードすることができます。

Steamのダウンロードページ

まとめ

VRは現在、おもにエンターテイメントを中心に普及が進んでいますが、ビジネス分野においても進化し続けていますね。

複雑な操作を要するインターフェイスから、音声入力による操作が可能であるため、より自分の思い描いているレイアウトやデザインを、直感的に作りやすくなります。

NTT東日本が提供するスマートイノベーションラボのように、開発に時間やコストを要するプロジェクトを支援する制度が登場していることにより、すぐれたアイデアをより実現しやすい環境になっています。

【関連リンク】
プレスリリース(PR TIMES)
 










フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む