VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

AR美少女「レナ」が大手町牧場をガイド!7月4日より実証実験がスタート!

AIを活用したARガイドよる案内業務の実証実験を開始

株式会社パソナテックシステムズとKDDI株式会社は、株式会社丹後王国が運営する「大手町牧場」内で、AIとXR技術を活用したAR美少女ガイド「レナ」を起用した牧場案内システムの実証実験を、2018年7月4日より開始しました。


AR美少女ガイド「レナ」による案内業務を検証

実証実験イメージ図

AR美少女「レナ」によるガイド実証実験は、大手町牧場の来場者に専用端末が貸与され、ARガイド(バーチャルキャラクター)「レナ」が、牧場で飼育されている動物の案内や動物に関するクイズの出題や、酪農に関する来場者からの質問にも答えるという内容になっています。

さらに、ARガイドとAIを組み合わせることで提供される表現豊かなインタフェースを活用した質の高いガイド業務の可能性を検証するほか、最新技術を使った満足度の高い牧場体験を提供することで、子供から大人までの幅広い来場者に向け、酪農分野への興味や関心を高めるきっかけを提供することが目的としています。

検証を行うパソナテックシステムズ、丹後王国、KDDIの3社は、この実証実験を通して

「AIやXRに関するテクノロジーを活用し、人とバーチャルキャラクターがインタラクティブにコミュニケーションできる環境を整えることで、地方の人手不足をはじめとするさまざまな企業の課題解決に貢献します。」

とコメントしています。

ARガイド「レナ」について

バーチャルキャラクター「レナ」は2017年3月にKDDIのスマートフォン向け音声アシスタントサービス「おはなしアシスタント」として誕生しました。

「おはなしアシスタント」としては、対話AIを活用しスマートフォンアプリ上で端末操作のサポートを行っています。

2017年10月幕張メッセで開催された「CEATEC2017」では、AR技術を活用して活躍の場を現実空間に移し、KDDIブース来場者のサポートや「5G」についての説明を行っていました。

今後もXR技術を駆使して、様々な場所で活躍できるキャラクターとしての進化を目指しているということです。





ARガイド「レナ」の今後の展望について

株式会社パソナテックシステムズとKDDI株式会社は、今後の展望についてそれぞれ次のようにコメントしています。

パソナテックシステムズ社

KDDI社の持つAIやXRに関する技術を活用し、「バーチャルガイドソリューション(仮称)」を開発し、人材の限られる地方を中心に観光施設における案内業務や、広い施設内の各所で丁寧な説明が求められるガイド業務など、幅広い導入を目指します。

引用元:プレスリリース[PR TIMES]

KDDI社

本取り組みを皮切りに、独自開発したキャラクターAIの提供を開始し、さまざまなパートナーさまとともに新たなサービスの企画・開発を推進していくほか、「通信とライフデザインの融合」を推進し、“ワクワクを提案し続ける会社”として、新しい体験価値を創造していきます。

引用元:プレスリリース[PR TIMES]

AR美少女「レナ」によるガイド実証実験の概要

AR美少女「レナ」によるガイド実証実験はARガイドの可能性を検証するとともに、これらの最新技術により酪農分野への関心を高めることを目的とし、年末までの半年間に渡り実施されます。

目的 ・バーチャルキャラクターとAIによる豊かなインタフェースを活用した質の高いガイド業務の可能性を検証
・最新テクノロジーによる牧場体験により、来場者に酪農分野への興味・関心を高めるきっかけを提供する
期間 2018年7月4日から2018年12月28日
場所 大手町牧場
実施時間 平日12:00~18:00、土曜日12:00~17:00 ※日祝日は休館
体験方法 大手町牧場内で希望来場者に専用端末を貸し出し
体験料金 無料

「大手町牧場」とは

パソナグループが地方創生に向けた地域産業の担い手となる「酪農・観光牧場」分野での人材育成を目的に、同グループで地方創生事業を展開する株式会社丹後王国により2017年8月にJOB HUB SQUARE 13階に開設されました。

飼育されている牛、ミニブタ、ヤギ、アルパカなどの動物を身近に感じ、関心を抱いてもらえるよう酪農セミナーや人材育成講座、食育体験が行われています。

また、人材不足に直面している酪農分野の人材育成が行われている牧場です。

まとめ

auユーザーにはおなじみのAIアシスタント「レナ」ちゃんが「CEATEC2017」に続き、2度目のガイド業務に挑戦します。

「CEATEC2017」でも美少女ARガイドとして話題になりましたが、「地方創生」や「酪農」に興味のない方にも「レナ」ちゃんを通じて関心がひろがりそうです。

XRとAIを組み合わせた今回の実証実験は、人材不足や集客に悩む地域産業の関係者にとっても関心の高いものになりそうですね。

ソース:ARガイド「レナ」による牧場案内システムの実証実験プレスリリース[PR TIMES]
 










VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む