VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Google ChromeがDaydreamに対応!VR空間でも利用可能に!

グーグルのウェブブラウザ「Chrome」のAndroid向け最新バージョンがリリースされました。

最新版ChromeはグーグルのVRヘッドセット「Daydream View」に対応したほか、Lenovo社の一体型ヘッドセット「Lenovo Mirage Solo」でも利用可能です。


Google ChromeのDaydream対応でMirage Soloにも利用可能に!

今回リリースされたGoogle Chromeのアップデートにより、グーグルのVRプラットフォームDaydreamに対応したスマートフォンであれば、専用ヘッドセット「Daydream View」に端末を差し込んでVR空間からウェブを閲覧することができるようになりました。

VR空間でウェブブラウジングが可能に!

ChromeはウェブブラウザからVRコンテンツに手軽にアクセスできる「WebVR」には既に対応していましたが、通常のウェブサイトをVR空間から閲覧することはできませんでした。

しかし、今回リリースされた最新版ChromeではWebVRコンテンツだけでなく通常のウェブ閲覧も可能になり、WEBブラウザの機能そのものをVRで利用することができます。

様々な新機能が追加、「シネマモード」も

新たなChromeではVRで使用できる新機能が複数実装されており、ボイスサーチやブックマークの同期、またコントローラーでブラウザを操作できる機能などが新たに登場。

また、「シネマモード」ではウェブ上の動画を大画面表示で視聴できるなど、よりVRに最適化した動画視聴が可能とのことです。

Daydream ViewおよびLenovo Mirage Soloに対応

最新版ChromeのVR機能はグーグルのVRプラットフォーム「Daydream」と、Lenovoの一体型VRデバイス「Lenovo Mirage Solo」で使用できます。

Daydream Viewに対応したAndroidスマホユーザーであればGoogle Playストアから無料でアップデート可能。Daydreamのホーム画面から直接Chromeを立ち上げることができます。

また、Mirage Soloではアプリストアから利用可能です。




Daydreamとは?

グーグルが提供するVRプラットフォームで、Daydream対応のスマートフォンを専用のヘッドセット「Daydream View」に差し込んで利用します。

専用のコントローラーが付属しており、デバイスにスマートフォンを取り付けるだけで使用できるため、場所や時間を選ばずに手軽に使用することができます。

Daydream対応スマートフォンはコチラから確認できます。

Lenovo Mirage Soloとは?

レノボ・ジャパンが発売するスタンドアロン型VRヘッドセット。スマートフォンやPCを必要とせず、デバイス単体のみで動作します。

正式名称は「Lenovo Mirage Solo with Daydream」で、Daydream専用のVRコンテンツに対応しています。

現在Daydream向けにシューティングやレースなどのVRゲームから、YouTubeやネットフリックスなどの動画配信まで、幅広いジャンルのVRコンテンツを楽しむことができます。

まとめ

今年5月に発売された一体型VRヘッドセット「Oculus Go」も専用ブラウザを備えるなど、VR空間からウェブを閲覧できる環境が整いつつあります。

動画を大画面で視聴できるなどのVRを活かした機能が利用できるので、YouTube以外の動画を再生する時などに便利そうです。

また、スマホVRや一体型ヘッドセットであれば場所を取らずに使用できるので、移動中やちょっとした休憩時間などに使えそうです。

【関連リンク】
VRFocus
 

VR店長
こちら↓↓も読まれてます!


 










フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む