VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

君がヒーローだ!VRマンガヒーローゲーム『BE THE HERO』(EAP版)が8月25日より配信開始

『BE THE HERO』アーリーアクセス版、8月25日に配信開始

株式会社EXPVRは2018年8月25日(土)※よりVRマンガヒーローアクションゲーム『BE THE HERO』のアーリーアクセス版をSteam Storeにて配信を開始することを発表しました。

さらに、配信開始に先駆けて8月4日(土)より一部のVIVE正規販売店にてゲームの戦闘システムを先行体験できる『BE THE HERO - Battle Demo - 』が開催されます。

※太平洋標準時8月24日午後1時



VRマンガヒーローアクションゲーム『BE THE HERO』とは?

『BE THE HERO』はVR空間で忍者ヒーローになって敵と戦うシングルプレイのVRマンガヒーローアクションゲームです。

誰もが幼い頃に憧れた

『ヒーローに自分がなる、そんな熱い体験を。』

がコンセプトになっています。

EXPVR社が独自開発した「韋駄天システム」によってVR酔いを引き起こすことなく広大なVR空間を縦横無尽に駆けることができ、様々な必殺技を始めとしたド派手なソードアクションで敵を倒していきます。

さらに、「VRマンガ」による重厚なストーリーテリングによってプレイヤーは物語世界に没入することができ、そのクライマックスでは、自らが主人公になって最強の敵と対峙します。

『BE THE HERO』のあらすじ

遥か昔、人類がまだ科学の力ではなく、超常の力で繁栄していた時代があったー

極東の島国を治める「神面族(しんめんぞく)」。

彼らは精神エネルギーを引き出し、操ることができる仮面を生み出す魔術を持っていた。

ある時反乱が起こり、やがて大きな戦争へと発展。

一族のほとんどが息絶えてしまった。

唯一生き残った戦士「クロガネ」は、神面族の巫女「サクヤ」とともに、傷つきながらも反乱の黒幕「アスラ」を追い詰め、ついに最終決戦に臨むー

引用元:プレスリリース[PR TIMES]

『BE THE HERO』の物語は古代から現代へ

アーリーアクセス版では古代の忍者ヒーロー「クロガネ」の物語が描かれています。

壮絶な最終戦争の後、時を超えた現代で、新たなヒーローが誕生します。

次回以降のアップデートで、現代に蘇った強敵と、それに立ち向かう新たなヒーローの物語をプレイできるようになるということです。

▼アップデート予定の追加要素

  • 現代編ストーリー/ステージ
  • 新たな武器の追加
  • 忍術システムの追加
  • リプレイ機能  等




「BE THE HERO」製品情報

製品名 BE THE HERO
ジャンル VRマンガヒーローアクション
配信開始日 2018年8月25日(土) ※太平洋標準時8月24日午後1時
ダウンロード価格 $19.99
対応デバイス HTCVive / Oculus Rift / Windows Mixed Reality
ダウンロードページ Steam Store
詳細情報 公式Webサイト / 日本語公式Twitter

先行体験会『BE THE HERO - Battle Demo - 』開催

8月4日(土)よりゲームの戦闘システムを先行体験できる『BE THE HERO - Battle Demo - 』が一部のVIVE正規販売店にて開催されます。

▼開催予定の対象店舗

  • ドスパラ秋葉原本店
  • ドスパラ札幌店
  • ドスパラなんば店

対象店舗の追加がある場合はSNS等で発表されます。

まとめ

『BE THE HERO』はVRアクションだけでなく、VRマンガでストーリーが展開されることで、ゲームの世界に入り込むことができ、憧れのヒーローを体感できるのが特徴です。

サムライやニンジャは世界的にもヒーローとして人気が高く、トレイラーでも憧れのヒーローとして描かれています。

また、敵との最終決戦は最高のアクション体験が期待できそうですね。

ソース:『BE THE HERO』アーリーアクセス版プレスリリース[PR TIMES]

VR店長
こちら↓↓も注目!










VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む