VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

宇宙飛行士訓練をVRで。学生向け教育VRプログラム「VAIOミライ塾」が始動!

イメージ
イメージ

vaio.com/mirai/より引用

VAIO株式会社は8月7日にVR事業の一環として、多人数同時体験型VR体験を活用した学生向け教育プログラムの試験営業を開始することを発表しました。

この学生向け教育プログラムは「VAIOミライ塾」として提供されていきます。

すでに第1回の申し込み受付は終了しましたが、第2回の申し込みは受付中です。

「VAIOミライ塾」とは?

「VAIOミライ塾」とは多人数同時体験型VR体験を活用した学生向け教育プログラムです。

VAIO株式会社によると、VAIOのユニークな発想やVRなどのソリューションによる、今までにない教育プログラムを提供していく予定ということです。

第1弾は宇宙飛行士訓練の理論と実践が融合した新しい教育訓練プログラム

ミライ塾第1弾は、多人数同時体験型VR体験を活用した「宇宙飛行士訓練と地上教育訓練の理論と実践が融合した新しい教育訓練プログラム」が実施されます。

宇宙飛行士教育訓練VRプログラムとは

宇宙飛行士訓練VRプログラムは世界の宇宙飛行士や管制官向け訓練において高く評価されている宇宙有人システム株式会社(JAMSS)と提携して開発されました。

演習プログラム(例えば月面基地での訓練など)にはVR体験を取り入れ、訓練を行う世界観により没入する為の演出が施されています。

訓練VRコンテンツの開発は、デジタルコンテンツ開発を得意とするハニカムラボ社が技術提供を行っており、参加者へ高品位なVR体験の提供が行われます。

またプログラム開発は、NASAからの表彰であるシルバー・スヌーピー賞を受賞しているJAMSSインストラクターが担当しており、当日の講師も行う予定です。

イメージ

宇宙飛行士訓練VRプログラムの特徴

このプログラムには3つの特徴があり、さらにVR体験によって没入感のある演習となっています。

  • 宇宙飛行士の訓練同様、知識、技量、心構えの3つの視点で行われる。
  • 宇宙飛行士訓練をベースに学校や職場で役立つように一般向けに再構築。
  • 非日常的な場面(月面探査など)での演習を実施。

宇宙飛行士訓練VRプログラム開発の背景

このプログラムは、これからの社会には既存の価値観や過去の慣習にとらわれない新しい環境に適応できる創造力・対応力を身に付けることができる人材が必要で、常に未知の世界で不測の事態に対応する力を身に付ける宇宙飛行士の訓練が最適だというVAIO社の考えのもと、開発されました。



「VAIOミライ塾」開催概要

日程 第1回:2018年9月8日(土)~9月9日(日) ※申込受付終了(JAXA施設不使用)
第2回:2018年9月29日(土)~9月30日(日) ※申込受付中
第3回:2018年10月20日(土)~10月21日(日) ※追加開催予定
※土曜日 15:00-19:30、日曜日9:30-17:30
※各回2日間、30名様限定、定員になり次第受付終了
対象 高校生・大学生(専門学校生)
会場 JAXA相模原キャンパス宇宙探査実験棟(予定)
参加費用 1名につき20,000円(税込、宿泊なし、交通費含まず)
※上記は試験営業価格。通常予定価格は100,000円/1名の予定。
※必要な交通手段の手配参加者負担。
訓練目的 新しい環境に適応できる創造力・適応力の強化
サイト VAIOミライ塾詳細

まとめ

VAIO社が多人数同時体験型VR体験を活用した学生向け教育プログラム「VAIOミライ塾」を実施します。

第1弾は宇宙飛行士訓練をベースとした訓練が予定されており、その目的は、これからのAIを中心とした社会に適応していく為の力を強化すること。

宇宙という未知なる世界に適応する訓練をVRで体験することで環境への適応力を強化していくとは、VRにそんな活用方法があったのかと驚くばかりです。

没入感のあるVRならではの訓練ですね。

参考:「VAIOミライ塾」詳細サイト











VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む