VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR空間にクリエイターの作品が集結!VR Chatにて『バーチャルマーケット』開催

3Dアバター・3Dモデル展示会「バーチャルマーケット」開催

VR法人HIKKYは、8月26日(日)、ソーシャルVRプラットフォーム「VRChat」において3Dアバター・3Dモデル展示会『バーチャルマーケット』を開催することを発表しました。


バーチャル空間にクリエイターの作品が集結!

8月26日(日)、ソーシャルVRプラットフォーム「VRChat」上において、バーチャルクリエイターによる3Dアバター・3Dモデル展示会「バーチャルマーケット」が開催されます。

Vtuber/Virtual-tainerとして活躍中の動く城のフィオが主催し、運営協力として

  • 水菜氏
  • モスコミュール氏
  • VR法人HIKKYのメンバーのさわえみか氏
  • 新津佑介氏

が参加するということです。

出展参加受付け期限は8月5日(日)でしたが、期限より早く予定の50スペースの出展枠が全て埋まり、追加として設けた30スペースも2日で定数に達したということで、クリエイターの関心の高さを示す結果となっています。

 

「バーチャルマーケット」について

「バーチャルマーケット」開催ポリシーには

「仮想空間で活躍するクリエイターを繋げる場所作り」

が掲げられています。

VR空間に作られた会場に、参加クリエイター達の作品や3Dアバター、3Dモデルなどが展示されるバーチャルクリエイターの祭典となってます。

来場者は出品されたアバターの試着や、3Dモデルを手に取っての鑑賞、3Dコンテンツを体験することができます。

VR空間での開催のためアバターの試着に待ち時間はありません、もちろん列にならんだり、待たされることもありません。

誰でもすぐに好きなクリエイターの作品を体験することが可能です。

お気に入りのアバターや3Dモデルがあれば、出店スペースに設置されるQRコードや販売先のURLを保存し、外部サイトから購入するというバーチャルならではの販売方法が取り入れられています。

また、2つの会場に各ジャンルを振り分けてブースが設置されるので、気になるブースを簡単に見つけることができます。

現実の会場と異なり、VR空間上なら2つの会場の行き来も一瞬で可能です。

バーチャルマーケット会場①

バーチャルマーケット会場②

ポスターや広告の掲載も可能

会場の各所に自分の姿を確認できるローカルミラーが設置されている

主な出展ジャンル

主な出展ジャンルは、以下の通りでユニークな作品に出会えます。

  • サイバー近未来
  • ファンタジー、中世
  • 現代
  • スチームパンク
  • ケモノ
  • ノンジャンル




バーチャルマーケット 概要

開催日 2018年8月26日
開催場所 VRChat内特設ワールド
サイト 公式サイト
Twitter 公式ツイッター
主催 動く城のフィオ
運営協力 水菜
モスコミュール
さわえみか
新津佑介
VR法人HIKKY
協力 VRChat

まとめ

バーチャルコンテンツなので、VR空間で展示会というのは当たり前の流れですが、追加30スペースとあわせ80の出展枠が数日で満了になるなど、クリエイターの関心の高さが伺えるまさに「バーチャルクリエイターの祭典」ですね。

会場にはVRならではの工夫がされているようで、来場者も楽しめるお祭りになりそうです。

ソース:バーチャルマーケットプレスリリース[PR TIMES]










VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む