VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

OculusGoの上位機種!一体型VR「Santa Cruz」を2019年初頭に発売か?

Oculus GoやLenovo Mirage Soloなど、デバイスを被るだけで手軽に使える一体型VRヘッドセットが数多く登場しています。

HTC ViveやOculus Riftなどのハイエンド機種のようにPC接続する必要がないため、屋外など場所を選ばずに手軽に使用できます。

Oculusは現在、より高機能を備えた一体型VRデバイス「Santa Cruz」を開発していますが、2019年初頭に発売する計画のようです。


高性能な一体型VRデバイス「Santa Cruz」が2019年初頭に発売?

海外VRメディアのUploadVRによると、Oculusの新型VRデバイス「Santa Cruz」が、2019年の第1四半期(1~4月)の間に一般向けに発売する計画とのことです。

「Santa Cruz」ではOculus RiftのようにPC接続する必要がなく、また同社が今年5月に発売した廉価版ヘッドセット「Oculus Go」よりも高性能なVRデバイスになります。

一体型VRデバイスで、Oculus Goよりも高性能に

Oculusが「Santa Cruz」というコードネームで開発中の一体型VRデバイスを公表したのは2016年です。

「Santa Cruz」は現在発売されている一体型VRデバイスよりも高性能で、よりOculus Riftのようなハイエンドデバイスに近い性能を有しています。

たとえば、Oculus Goでは頭部の動きのみをトラッキングできる3DoF(3自由度方向)に対応していますが、「Santa Cruz」ではこれに加えてユーザーの位置もトラッキングできる6DoF(6自由度方向)に対応します。

また、Oculus GoやMirage Soloではコントローラーが1つ付属しますが、「Santa Cruz」ではOculus Rift用コントローラーに似た形状のコントローラーが2つ付属します。

ですので、これまでに発売された一体型VRデバイスでは不可能だった、より高品質なVRコンテンツがプレイ可能になるとされています。

2018年内には開発者版が出荷

UploadVRによると、「Santa Cruz」は2019年初頭に一般向けに発売予定とのことですが、それに先立って2018年内には開発者用のデバイスを出荷する計画のようです。

具体的なリリース日に関しては不明ですが、9月に開催される開発者イベント「Oculus Connect 5(OC5)」にて詳細が公表されるようです。

OC5で詳細発表なるか

Oculusは毎年、開発者向けのイベント「Oculus Connect 5」を開催しており、2018年は9月26日(水)~27日(木)にカリフォルニア州サンノゼで開催されます。

「Santa Cruz」のスペック詳細や発売日などは、このイベントにて発表される可能性が高いです。また、Oculus Rift用コンテンツを「Santa Cruz」に移植できるかどうかなども併せて、今年のOC5は例年に比べて注目が集まりそうです。

ちなみに、UploadVRがOculusにコメントを求めたところ、「現時点では将来の計画や発表に関するコメントはできないが、今年のOC5はとてもエキサイティングなものになると約束できる」と述べています。



「Santa Cruz」の性能はいかに

気になるのは「Santa Cruz」の性能ですが、6DoFのトラッキングや2つのコントローラーで操作できる点など、これまでの一体型VRデバイスにはなかった高機能が実装される予定です。

現行のハイエンドVRデバイスのように高性能なGPUを搭載したPCに接続する必要がなく、また外部センサーも必要としないため、使う場所を選ばず手軽に使用できます。

しかし、UploadVRが予測しているように「Santa Cruz」の性能はOculus Riftに比べると劣るものの、Oculus Goと比べると高機能、という見方が一般的のようです。Oculus RfitとOculus Goの中間、といったところでしょうか。

価格は600ドル前後?

また価格に関しても未発表ですが、「Santa Cruz」のライバル機種になるLenovo Mirage Soloは約4万9,000円、HTC Vive Focus(国内未発売)は525ドル(約6万円)となっています。

「Santa Cruz」は上記2機種よりも高性能なデバイスであるため、やや価格は上がるものと考えられます。米メディアRoad to VRは600ドル(約6万7,000円)前後と予想していますが、Oculus Rfit(5万円)よりもやや割高になるかもしれません。

いずれにせよ、これまでよりも高性能な一体型VRデバイスの登場により、ハイクオリティなVRコンテンツをより手軽に、自由度の高い環境で体験できるようになります。

まとめ

今年のOculus Connect 5で発表されるであろう「Santa Cruz」の詳細、今から楽しみになります。

ポジショントラッキングやコントローラー2つが付属するなど、これまでの一体型VRデバイスでは不可能だった高機能が実装されるため、高性能なVRがより使いやすいものになりますね。

2019年初頭にリリース予定というのもそう遠くない先の話なので、リリース情報も含めて9月に開催されるOC5に注目したいです。

【関連リンク】
Road to VR
UploadVR










フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む