VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

AppleがAR技術関連のスタートアップ企業を買収。独自のXRデバイスを開発中か?

2018/10/11 10:25

iPhone、iPad向けのモバイルARに注力していることで知られるアップルですが、同社は先日、ARデバイス用のホログラム技術を開発するスタートアップ企業を買収しました。

アップルは買収の目的を明かしていませんが、同社は現在ウェアラブルのXRデバイスを開発中との噂があり、今回の買収は同社のデバイス開発をさらに進めるためのものと考えられます。


アップル、AR技術関連のスタートアップ企業を買収

米メディアのロイターが報じるところによると、今回アップルが買収したのはAkonia Holographicsという米国企業です。

Akonia Holographics社はホログラムを表示するディスプレイや、ストレージ技術を開発するスタートアップ企業です。

Akonia Holographicsとは

Akonia Holographicsはコロラド州に拠点を置く企業で、公式サイトによると同社は200以上ものホログラム技術に関する特許を取得しており、特許の大半はストレージと光学技術に関するものとのことです。

Akonia Holographics社は「HoloMirror」という独自の技術を保有しており、これは「従来のホログラム技術や表面レリーフ型格子とは根本的に異なるアプローチを採用しており、これまでのどんなホログラム技術よりも高いパフォーマンスを発揮する」とのことです。

独自のAR用光学技術を開発中か

また、VentureBeatが2016年に報じたところでは、Akonia Holographicsは独自のARグラス用光学技術を開発しており、これは60度という広視野角のディスプレイを実現するとのことです。

マイクロソフトHoloLensの視野角は40度未満とされており、Magic Leap Oneは水平方向に40度であるため、60度はかなり広い視野角になります。

Akonia Holographics社はこれまでに1,160万ドルの資金調達を行っており、将来的にはシリーズAラウンドの資金調達を目指していることを、同社のウェブサイト上で明かしていました。



VR/AR企業の買収に積極的なアップル

アップルはこれまでに複数のVR/AR関連のスタートアップ企業を買収しており、2017年には独自のVRデバイスを開発するVrvanaを3,000万ドルで買収しています。

Vrvanaは「Totem」というデバイスを開発しており、これはVRとAR両方を体験できるデバイスだといいます。

トラッキング技術もWindows MRデバイスのようなインサイド・アウト方式を採用しているため、外部にトラッキングセンサーを配置する必要がありません。

また、アップル製品の部品サプライヤーであるFoxconnの従業員は、真偽は定かではありませんが、アップルが「Mirrorshades」というコードネームで独自のARデバイスを開発していると述べています。

独自のXRデバイスを2020年ごろに発表か

アップルは公式に情報を公開していませんが、独自のXRデバイスを開発中であることは明らかだと考えられます。

米メディアCNETによると、アップルは現在、ARとVR両方に対応したヘッドセットを開発中で、2020年のリリースを目指して開発を進めているといいます。また、このデバイスは片眼8K画質の映像を表示できるデバイスになるとのことです。

今回のAkonia Holographicsを買収したことによって、アップルは独自のXRデバイスの開発をさらに進めると考えられます。

同社のXRデバイスがどのようなものになるのか、憶測の領域は出ませんが、高画質映像が表示可能な薄型ディスプレイを搭載しており、長時間装着しても疲れにくいデバイスになると考えられます。

また、外部での使用時でもクリアな映像を表示できて、かつエンドユーザーが購入しやすい価格のデバイスになると予測されます。アップルの今後の動きに注目です。

まとめ

今回アップルが買収したAkonia Holographicsは、きわめて高性能なホログラム技術を開発している企業なので、アップルが同社の技術をどのような形で取り込むのか気になるところです。

アップルが独自のXRデバイスを開発しているという噂はこれまでにも数多く出ていますが、おそらくARとVR両方に対応した高画質ディスプレイ搭載のデバイスになるものと考えられます。

現在市場に出回っているVR/ARデバイスの多くは視野角が狭く、デバイスも大型であるため長時間装着しづらいのが現状ですが、今後どんどん軽量化と薄型化が進み、かつディスプレイの解像度も向上していきます。

このようなトレンドの中で、ハイレベルの完成度を持つ製品づくりに長けたアップルがどのような製品を投入するのか、非常に気になるところです。これからに注目ですね。

【関連リンク】
Road to VR
Reuters










フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む