VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRで整備士業務をリアルに体験!「JAL 工場見学 SKY MUSEUM」にて本格運用開始

「JAL 工場見学 SKY MUSEUM」にて2018年7月11日(水)から2カ月間の予定で実証実験されていた、ナーブ株式会社の「VRを活用した整備士体験コンテンツ」が当初の予定を早めて本格運用されることが2018年8月31日(金)に発表されました。


VR整備士体験コンテンツ導入背景

「JAL 工場見学 SKY MUSEUM」での整備士体験コンテンツは、2018年7月11日(水)から2ヵ月間の予定で実証実験がされていました。

開始当初から利用者の反響も大きく、VRならではの没入感に浸りながら、整備士の業務をリアルに体験できるなど、「仕事紹介エリア」のコンテンツとして効果的であると確認されたことから、当初の予定を早めて本格運用の決定がされました。

「JAL 工場見学 SKY MUSEUM」担当者の声

・公開初日に、トライアル開始の記事を見ていらしたお客さまもいらっしゃり反響は上々であったと考えております。

現在もコンスタントに見学者の皆様にご覧いただいております。

・視聴者数は、一日平均で150名程度。7月中旬~8月末で合計約7,500名の方にご覧いただきました。

・来場したお客さまからは「普段見られないエンジンの内部が目の前で見られて楽しかった」「画面の中で整備士になった気がする」といった声をいただいています。

引用元:「JAL 工場見学 SKY MUSEUM」整備士体験コンテンツ プレスリリース[PR Times]




整備士体験コンテンツとは

VR空間内に自分の手が現れて、映像内(中央)にある「?」を触ることができ、その「?」を触ると隠されたメッセージが開いて、飛行機や整備に関するヒミツを知ることができます。

見学者は、VRならではの没入感に浸りながら、整備士の業務をリアルに、自然に、安全に体験することができます。

「JAL工場見学 SKY MUSEUM」について

開催日 毎日 ※年末年始を除く
開催時間 10:00~11:40、11:30~13:10、13:00~14:40、14:30~16:10、16:00~17:40(1日5回開催)
見学料金 無料
見学方法 要予約 ※公式サイト参照
所在地 東京都大田区羽田空港3-5-1 JALメインテナンスセンター1
公式サイト http://www.jal.co.jp/kengaku/

まとめ

従来の技術では説明員が見学者に、VRゴーグル内で見えているコンテンツの操作を説明することが難しく、VR体験は難しいと考えられていましたが、この整備士体験コンテンツは、ナーブ社とNTTドコモ社が開発した新システムによって、見学者がVR機器の操作を意識することなく、自然な感覚で整備士体験ができるようになりました。

VR内のボタンやメニューを自分の手で直接触って選択することができ、現物に触るような感覚で、誰もが、すぐに、自由に操作できるとのこと。

VRならではの没入感に浸りながら、整備士の業務をリアルに楽しく体験できることから、利用者の反響が大きかったことも容易に窺い知ることができます。

ソース:「JAL 工場見学 SKY MUSEUM」整備士体験コンテンツ プレスリリース[PR Times]










VR・AR・MRの最新情報を配信します。

最新ニュースを読む