VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

食品工場のリスク対応をVRで体感!「VR食品安全人材育成ソリューション」を開発

株式会社ジョリーグッドと一般社団法人日本能率協会は、食品製造事業者への食品安全教育を目的とした「VR食品安全人材育成ソリューション」を共同で開発したことを発表しました。


「VR食品安全人材育成ソリューション」とは?

VR研修

「VR食品安全人材育成ソリューション」は、食品製造事業者への食品安全教育をVRで体感するVR研修ソリューションです。

ジョリーグッド社のVRxAI人材育成ソリューション「Guru Job VR」をベースに開発されたもので、食品安全分野における国際規格「FSSC22000(Food Safety System Certification 22000)」の認証機関として国内認証件数No.1の実績を持つ日本能率協会の監修のもと、審査のプロの視点・ノウハウを活かした食品製造事業者への食品安全教育を、高精細VR映像のリアリティとVR空間の行動解析AIエンジンで実現しています。

Guru Job VRとは?

「Guru Job VR」は、これまで多くのテレビ局などに“プロフェッショナルVRソリューション”を提供してきたジョリーグッド社が、その高精度なVRテクノロジーと独自に開発した“VR内行動分析AIエンジン”により、安価で高機能な職場体験やVR研修を提供するサービスです。

食品工場の危険性をVRで見える化!

「VR食品安全人材育成ソリューション」では、

・一般衛生管理
・HACCP
・食品安全の国際規格「FSSC22000」

など、食品工場における食品安全の基準を工場で働く人がVR空間で体験し、学び、そして「気づき」を共有することができます。

食品工場を再現したVR空間の中で、様々な原因で起こりうる異物やアレルゲンの混入、食中毒などのリスクへの対応を、各工場の現場の状況に合わせてリアルに研修をすることが可能です。

食品安全の国際規格「FSSC22000」の認証を取得することは、国内のみならず世界の流通・食品大手企業から食品製造事業者に求められている「国際基準」を満たしていることの証明になり、「FSSC22000」の規格要求事項を満たした状態の食品工場を、高精細VRで見ることで、「FSSC22000」が求める高いレベルを、食品工場で働く人々に「体感」してもらうことができるほか、ジョリーグッド社独自の行動解析AIエンジンを活用することで、VR空間における研修内容の分析や、業務改善も実現できるソリューションになっています。

HACCP

食品の製造から出荷までの安全を工程ごとに管理する現場管理の手法のことです。

FSSC22000とは?

「FSSC22000」はHACCP、ISO22000(HACCPの運用を内部監査やレビューを通じて管理する国際規格)をベースに、より具体的・確実に食品安全管理を実践するためのマネジメントシステムのことで、世界規模で食品安全レベルを一定以上に確保することを目的としており、食品メーカーでの認証取得が進んでいます。

まとめ

企業規模に関わらず、食品の異物混入や偽装表示などの問題が度々報じられており、それを聞くたびに不安を感じていました。

食に関しては私たちの生活に直結する問題であり、今回、食品工場で起きるリスクへの対応がVR体感できる教育ソリューションが開発されたことは、とてもありがたいニュースです。

食品製造事業者の方々には、このような国際基準に則った研修をぜひ積極的に受けて高い意識を持っていただき、これからも私たちに安全でおいしい食品を届けて欲しいですね。

ソース:「VR食品安全人材育成ソリューション」プレスリリース










VR・AR・MRの最新情報を配信します。

最新ニュースを読む