VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

絵画や彫刻などをVR空間で手に取って鑑賞!VR美術館「DNP Virtual Gallery」開発!

大日本印刷株式会社は、VRヘッドセットを装着して、VR空間に作られた仮想の美術館で、彫刻などの立体作品や絵画を手に取っているかのように鑑賞できるシステム「DNP Virtual Gallery(バーチャルギャラリー)」を開発したことを2018年9月10日(月)に発表しました。


「DNP Virtual Gallery」開発の背景

近年、さまざまな芸術作品や文化財のデジタルアーカイブ化が進んでおり、美術館や博物館ではそのデータを活用して、多くの人に美術・芸術鑑賞の機会を提供していく機運が高まっています。

DNP社は、今まで培ってきたデジタル技術による新たな美術鑑賞システムの開発ノウハウと、作品の色調や質感などを限りなく忠実に再現する高精細な複製印刷技術を活用して、「VRによる鑑賞」と「複製作品の購入」を同時に実現する「DNPバーチャルギャラリー」を開発しました。

「DNPバーチャルギャラリー」の特長

「DNPバーチャルギャラリー」では、動画や360度ぐるりと鑑賞できるパノラマVRに加え、鑑賞者がVR空間で気に入った絵画などの複製を購入できる機能も搭載しています。

VR空間で作品を間近に鑑賞することが可能

ヘッドマウントディスプレイを装着して鑑賞

美術館や博物館では一般的に、作品から一定の距離を置いて鑑賞しますが、DNPバーチャルギャラリーのVR空間では作品を実際に手に取っているかのように間近で鑑賞でき、ディテールも含めて楽しむことができます。

ギャラリー内では絵画のほか、彫刻などの立体物、動画やパノラマVRなども楽しむことが可能。

バーチャル展示ルーム1フロアあたりに展示できるのは10作品ですが、フロア数を増やすことで、大量の作品も展示できます。



高精細複製画も販売

各作品のバーチャル展示ルーム

VR空間に展示されている絵画作品などの高精細複製画を、利用者が購入できる機能があり、購入申込みをするとバーコードシートが出力されて、複製作品と交換できる機能も搭載しています。

絵画の複製作品は、作品に限りなく近い色調やタッチを忠実に再現されたDNP高精彩出力技術プリモアートで製作されています。

DNP高精彩出力技術プリモアートとは

複製原画を出力することが可能な高精細印刷技術のこと。

テンプレート化されたデザインにより、短期間・低コストで導入が可能

額のデザインパターン

DNPバーチャルギャラリーと同様のものを制作する場合、DNP社の従来のVRの制作方法であれば、半年以上の期間と相当の制作費用が必要になります。

しかし、今回開発されたシステムでは「美術館の外観や内観」「作品別展示ルーム」「絵画の額」などがテンプレート化されているため、絵画等の画像や動画のデジタルデータがあれば、従来よりも短期間・低コスト(※)で導入できます。

また、展示する作品などのコンテンツの入れ替えも容易で、ギャラリー内の壁紙や絨毯、額なども複数のテンプレートから選択することができます。

※ DNP社の従来のVRの制作方法で、1フロア分(展示作品10点まで)のDNPバーチャルギャラリーを制作した場合との比較

まとめ

美術館や博物館などの芸術鑑賞でも多くVR技術が活用されるようになってきました。

現実の美術館では、一般的に作品から一定の距離を置いて鑑賞しなければなりませんが、VR美術館では作品を間近で鑑賞でき、細かいタッチや細部まで楽しむことができます。

また「DNPバーチャルギャラリー」では、展示されている作品の複製をその場で購入申込できる点が大きな特長で、購入者は、作品に限りなく近い色調やタッチが忠実に再現された複製作品を手に入れることができます。

高度な印刷技術を持つ印刷会社だからこそ実現できた、とても画期的なシステムですね。

ソース:「DNP Virtual Gallery(バーチャルギャラリー)」プレスリリース
 










VR・AR・MRの最新情報を配信します。

最新ニュースを読む