VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

不動産・建築向けVR制作会社を紹介!VR内見を導入して業績アップ!

VR技術の進歩により、ビジネスとVRを組み合わせて利便性を向上させる企業もかなり増えてきました。

  • ・360度VR動画を使ったイベントの紹介
  • ・商品・施設等の360度プロモーション動画
  • ・医療業界でのVR研修
  • ・地震や大雨などの防災VR

など、VRはゲーム以外でも様々な用途で利用されています。

今回はその中でも特にVRと親和性が高いと目されている「不動産・建設」向けのVRコンテ
ンツを作成している会社をまとめてみました。


不動産・建築業界とVRは親和性が高い

不動産VRシステム

不動産・建築業界とVRは非常に親和性が高いです。

VRは人工的に作り出した仮想空間で疑似体験ができるシステムです。

そのシステムを活用することで不動産・建築業界は、

「物件の内見・外観を移動することなく確認できる」

「設定の段階で完成した物件を見ることができる」

といったメリットを多く得ることができます。

不動産業界でのVR活用のメリット

VR不動産のメリット

不動産関係では、購入側は不動産に相談後、一通りの物件を直接見に行くかと思います。

実際に物件を見て回るとなると、手間と時間がかなる上、場所によっては数件見に行くのに何時間もかかる場合もあります。

筆者も賃貸マンションを探す際に仕事が忙しくて見に行く時間がなく、大急ぎで物件を見て
回らなければいけなかったという苦い経験があります。

VRを利用すればその場でいくつもの物件を疑似的に見に行くことができるので、時間をかけずに、物件の内見や外観も自分の納得のいくまで見ることができます。

またVR空間で家具やインテリアを置いて自身が生活し始めたときの内装を先に確認したりといった仮想空間ならではのことも可能になります。

建築業界でのVR活用のメリット

不動産VRのメリット

建築業界では設計やデザインの段階で完成形を3DCGで作成し、完成前に内部や外部を見る
ことができます。

これにより建築前のプレゼンや紹介などでより詳細に完成図を見せることができるので、クライアント側とのやり取りもかなり効率よく進めることが可能な上、お互いの認識違いをなくすことにもつながります。

また建設が開始されたあとでも現場の状況や施工時の状況を前もって知らせたり、ミスや間
違いをあえて前もって仮想空間上に再現しておくことで何かあったときの状況対応能力を向
上させることもできます。

今までは3Dモデルが主流だったかもしれませんが、VRを用いることでただ見るだけでなく
、実際に完成した物件の中や外の状況を疑似体験できるという点ではVRの方がメリットが
大きいのではないでしょうか。



不動産・建築向けのVR制作企業紹介!

ここからは不動産・建築向けのVR制作を行なっている企業を紹介します。

SHERPA VR

株式会社シェルパは

  • ・建築CGパース
  • ・インテリアCG
  • ・3Dモデリング
  • ・店舗デザイン設計

など建設・不動産関係の業種を行っており、その中でVRに対応した3Dモデル制作も行ってい
ます。

長年培ってきた建築3Dモデルの製作ノウハウと最新鋭の技術を応用したVRモデルを融合し
たリアルかつハイクオリティなモデルを製作しており、細かな色やライトを調整できるシミ
ュレーション機能やオリジナルのIOTセンサーを使用したVRコントローラーも提供してい
るなど利用者が使いやすくなるようなオプションも提供しています。

美麗なグラフィックのゲームなどに用いられるUnreal Engine 4や自由度の高い3Dモデル作
成ができるUNITYなど映像のクオリティに既に定評のある開発環境を用いたハイクオリティ
なVR体験が可能なので、より鮮明かつリアリティの高いVRコンテンツが作成できるのでは
ないでしょうか。

公式サイト:SHERPA VR

Inside Maps

VR不動産制作会社「Inside Map」

Inside Mapsでは誰でも簡単にVRコンテンツを提供できる環境を持っており、VRというも
のに馴染みのない方でも簡単にVR環境が作れるコンテンツを提供しています。

使い方もいたってシンプルで指定の場所でスマホなどで撮影した画像をInside Maps側に送
るだけでその画像を使って3Dモデルを自動生成し、まるで本当にその物件の内部を歩いて
いるかのような疑似体験ができるVR動画を作成してくれます。

あとは自身で運営するWebサイトなどに埋め込むだけというかなり簡略化された手順をパ
ッケージとして持っており、VRに詳しくなくても誰でも簡単に導入することが可能になっ
ています。

また価格もリーズナブルなのも特徴で、おすすめしやすいポイントなのでぜひ一度公式サイ
トを見てみてはいかがでしょうか。

公式サイト:Inside Maps

i-enter corporation

VR不動産制作会社「i-enter」

スマホ黎明期からアプリ開発をしており、その実績とノウハウを活かしたVRコンテンツ制
作を行っているi-enter corporation。

学生向けの企業紹介VR動画や好きな家具を自在においてシミュレーションできるVRアプリ
、ブライダルの式場での内装やドレスなどをVR空間で再現するなど幅広いコンテンツ開発
が特徴です。

もちろんその中で不動産関係のVRコンテンツ作成も行っており、モデルハウスの内見用のVRコンテンツでリアリティの高い室内動画と本当にその物件の中にいるかのような没入感
のあるものを提供して、利用者の時間と手間を省くコンテンツ制作が行われています。

スマホアプリに定評のあるこちらの企業ではスマホひとつで誰でも手軽に見ることのできるVRアプリ製作も行っていますし、もちろん他のVRヘッドセットを用いた高画質のVRコンテンツも提供されているので、それぞれに合ったデバイスでVR内見のアプリ制作ができる
のではないでしょうか。

公式サイト:i-enter corporation

不動産VR

内見VR制作会社「不動産VR」

不動産VRはその名の通り不動産関係に特化したVRコンテンツを提供しており、建売・分譲
売主業者・不動産仲介販売業者・工務店ハウスメーカーなど向けのVRコンテンツを製作し
ています。

Web上で物件の外観、内観、周辺環境を見ることができるだけでなく、何もない場所に3DCGを用いて建物を作ってさらにその建物の内部を見ることができたり、周辺環境を背景にした建物の外観を見ることができたりと不動産・建築関係のどちらにもメリットのあるVRコンテンツを提供しています。

また3DCGで制作した物件の内部に家具を疑似的に設置して生活イメージをよりリアルに伝えることのできるサービスも提供しているなど集客に特化したVRコンテンツを提供している企業です。

公式サイト:不動産VR

VRbouz

不動産VR制作会社「VRbouz」

最短5分という破格の時間で賃貸住宅・テナント物件・土地・建売住宅・中古物件のVRコン
テンツを制作するというのが売りのVRbouz。

その秘密はVRbouzが提供しているVRクラウドサービスにあり、専用のカメラを用いて不動産内部を撮影してアップロードするだけで建物のVR動画ができるというシンプルかつ使いやすいサービスを提供しています。

またVRbouzでは独自の画像処理技術を用いて従来のVRコンテンツのデメリットでもあった「画像が丸みを帯びて歪む」といった現象を解消し、よりリアリティの高いVRコンテンツが提供できるという強みも持っています。

公式サイト:VRbouz

まとめ

最近までVR=ゲームという印象が強かったのが少しずつVR=役に立つツールとして再認識
されつつあります。

特に今回紹介した不動産・建築関係では企業側としても顧客側としてもどちらにも利点が多く、かなりの効果が期待できるのではないでしょうか。

単純に手間と時間が大幅に削減されるだけでも我々利用者からすればかなり助かりますし、不動産を購入する場合などはかなりの数の物件を一日で見ることもできるので選択肢の幅も広がります。

広がりつつあるビジネス+VR。

もしちょっとでも興味があるのでしたら、ぜひこの機会に一度検討してみてはいかがでしょうか。










とあるゲームにて「VR訓練を受ければ伝説の英雄になれる!」という夢を抱いたのがVRとの初めての出会い。 VRを色んな方に知って頂き、最終的には「VRヘッドセットからビームを撃ちたい」という夢を抱く中二病患者。 最近はFPSにハマっており、サバゲーにも手を出すほどの情熱を抱いております。

最新ニュースを読む