VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRで名古屋城天守閣の復元イメージを体験!「IDEALENS K2+」を活用して11/30まで名古屋城で開催中!

2018年10月1日(月)~2018年11月30日(金)の期間中、名古屋城にて「名古屋城天守閣木造復元イメージVR映像体験」を楽しむ事ができます。

「名古屋城天守閣木造復元イメージVR映像体験」では株式会社クリーク・アンド・リバー社のスタンドアロン型VRゴーグル「IDEALENS K2+(アイデアレンズ ケーツー プラス)」が、複数台のVRゴーグルを同時に再生させるシステムと共に使用されています。


名古屋城の天守閣復元後のイメージをVRで体験!

名古屋城は現在、天守閣の木造復元工事のため、入場禁止となっています。

名古屋城の天守閣を早く見たいと、心待ちにしている人も多いはず。

そんな人のために、2018年10月より名古屋城では、天守閣の木造復元後のイメージをVRで体験できるイベントが開催されています。

スタンドアロン型VRゴーグル「IDEALENS K2+」を活用して、名古屋城天守閣の木造復元イメージを360度のVR映像で約2分半体験することができます。

大天守1階(入側)

大天守3階(階段)

大天守5階(入側)

「名古屋城天守閣木造復元イメージVR映像体験」概要

期間 2018年10月1日(月)~11月30日(金)9:00~16:30
※イベントの中止や開催期間の変更に関しては、名古屋城総合事務所までご確認ください。
場所 名古屋城 〒460-0031 愛知県名古屋市中区本丸1-1
入場料 VR体験は無料
※但し、名古屋城内への観覧料が必要となります。公式ウェブサイトをご参照ください。
対象 13歳以上
公式ウェブサイト 名古屋城公式サイト
名古屋城天守閣復元事業 名古屋城天守閣復元公式ページ
主催 名古屋市観光文化交流局 名古屋城総合事務所
TEL:052-231-1700/FAX:052-201-3646
運営 株式会社 三晃社
映像制作 株式会社 竹中工務店
VR機器・システム提供 株式会社クリーク・アンド・リバー社




「IDEALENS K2+(アイデアレンズ ケーツー プラス)」とは

「IDEALENS K2+」は、高解像度ディスプレイを搭載し、PCやスマートフォンを必要としないスタンドアロンVRゴーグルです。

コードレスで着脱しやすく、髪型の乱れにくい抜群の装着感で、高画質かつ臨場感あふれる360°映像体験を実現しています。

名古屋市など自治体での活用が増加しているほか、常設のアミューズメント施設や博物館、展示会、ビジネスホテル、教育研修の場など、BtoB(企業向け)領域にて多数採用されています。

「IDEALENS K2+」製品概要

商品名 IDEALENS K2+(アイデアレンズ ケーツー プラス)
製造元 Idealens Technology Co., Ltd.
外形寸法 VRゴーグル本体部分 (W)183mm x (D)129mm x (H)105mm
質量 VRゴーグル本体部分 約295g
ディスプレイ方式 AMOLED
ディスプレイ解像度 2,560 x 1,440
視野角 約120°
リフレッシュレート 最高75Hz
遅延 17ms
搭載センサ 6軸検出センサ(3軸ジャイロ・3軸加速度)、3軸地磁気センサ、光距離センサ、温度センサ
各センサ応答時間 ≤ 2 ms
プロセッサ CPU / Exynos 7420, GPU / Mali-T760 MP8
メモリー ROM / 32GB, RAM / 3GB LPDDR3
microSDカード microSD (最大128G対応)
Wi-Fi 2.4G 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.0, 3.0, 2.0
接続端子 micro USB 2.0端子, 3.5mm ステレオヘッドフォン端子
充電 約3.5時間(2A急速充電対応)
電池消費時間 約2.5~6時間(コンテンツによる)
価格 オープン価格
購入方法 株式会社クリーク・アンド・リバー社 VRディビジョンまで問い合わせ。
Email: vr@hq.cri.co.jp
TEL: 03-4570-7087
URL: https://www.vr-creek.com/

まとめ

徳川家康の命により諸大名を動員した「天下普請」として築城が行われ1612年に天守が完成した名古屋城。

1930年には宮内省より名古屋市に下賜され、本丸御殿などの建造物とともに城郭として初めて国宝に指定されましたが、太平洋戦争により1945年に天守や本丸御殿などの主要な建造物は惜しくも焼失してしまいました。

現在の天守閣については、再建された鉄骨鉄筋コンクリート造の建造物ですが、再建から半世紀が経過していて、設備の老朽化や耐震性の確保などの問題が発生しており、それらの課題を克服するとともに、特別史跡名古屋城跡の本質的価値の理解を促進するために、現代に残された豊富な資料に基づく天守閣の木造復元が進められています。

今回は2018年10月1日(月)~2018年11月30日(金)の期間限定で、現代のVRテクノロジーを活用して名古屋城天守閣の木造復元イメージを360度VR映像で体験することできます。

木造復元された天守閣の竣工時期は2022年12月が予定されていますが、完成する前に、手軽なスタンドアロン型VRゴーグル「IDEALENS K2+」を装着し360度VR映像で復元イメージを体験してみるのも面白いですね。

ソース:「IDEALENS K2+」および「名古屋城天守閣木造復元イメージVR映像体験」に関するプレスリリース[PR Times]










VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む