VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRで終活!霊園をVRで内覧できるサービス提供開始!

株式会社ココ・プランニングと株式会社ジブンハウスは、霊園をVRで内覧できるサービスを開始したと2018年10月15日(月)に発表しました。


霊園のVR内覧サービスについて

暗いイメージのあったお墓選びが一新されました。

提供開始しれたVRサービスでは、季節の花が咲く霊園の中に完成したお墓の様子を高精細のVR動画で視聴することができます。

先行してVRを導入した霊園からは大変好評で、最新技術を利用した理想の「VR終活」(お墓選び)が現実のものになっています。

霊園のVR内覧サービスのメリット

従来、お墓を建てる霊園を選ぶには現地を訪問することが一般的でしたが、霊園を見て回るのには時間も手間もかかります。

また、図面だけではお墓の完成した様子をイメージしにくく

「人生の締めくくりにふさわしい、こだわりのお墓を建てたい」

という利用者のニーズに十分に応えることができていませんでした。

しかし、VRを使えば現地に足を運ばなくてもお墓を建てた時のイメージが一目で分かります。

霊園の全景や、お墓のまわりの草花が成長した姿などが高精細のアニメーションで表現されることで、平面の完成予想図に比べて霊園の特色や価値をより直感的に伝わるようになりました。

このVR内覧サービスによって、さまざまな角度から理想のお墓づくりを検討することができます。

VRでふくらむ理想のお墓のイメージ - シニア世代も「VRで終活」に好感

ココ・プランニング社がプロデュースしている埼玉県所沢市の所沢西武霊園では、VRでの内覧が先行導入されており、多くの利用者が動画を見て購入を決断しています。

シニア世代の利用者にも、最新技術への抵抗なく理想の終活のために有効に活用されています。



VRを活用して最期まで豊かなライフスタイルを

ココ・プランニング社は、従来の墓地のイメージを一新する、四季の花々で彩られた庭園のような霊園「ふれあいパーク」など、自然との共生をテーマとした霊園を全国各地でプロデュースしています。

またジブンハウス社は、すでに住宅販売で活用しているVR技術がこうした霊園の内覧にも活用されることで、自分らしく・最期まで豊かな生活が送れるようなライフスタイルを提案をしていきたいとしています。

まとめ

霊園の企画開発管理や石材加工販売を手掛けるココ・プランニング社と、VRを活用した家づくりを提案するジブンハウス社が、霊園をVRで内覧できるという新たなVR終活サービスをリリースしました。

「終活」とは「人生の終わりのための活動」を指し、人間が自らの死を意識して人生の最期を迎えるに当たって執る様々な準備や、そこに向けた人生の総括を意味する言葉で、生前のうちに自分ための葬儀や墓などの準備や、自身の財産の相続を円滑に進められるよう生前に整理をします。

「終活」はこの数年話題になっていて、生前のうちに自分のためのお墓の準備を検討する人が増えており、それは“ブーム”から“当たりまえ”になりつつあるのではないかと感じます。

そのような中で、現地に足を運ばなくても霊園の特色や価値を直感的にイメージすることのできる今回の霊園VR内覧サービスは、まさにニーズにマッチしたうれしいサービスになることでしょう。

ソース:「霊園のVR内覧サービス」に関するプレスリリース










VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む