VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR/AR技術で建設業界をサポート!生産性向上のコンセプトモデルを「CEATEC JAPAN 2018」に出展

株式会社カヤックは10月16日から19日の期間、幕張メッセで開催されているIT技術とエレクトロニクスの国際展示会「CEATEC JAPAN 2018」の小松製作所展示ブースにて、

「ホロジオラマ」

「ランドレポート」

の2つのコンセプトモデルの企画・制作に協力したことを発表しました。


「ホロジオラマ」とは?

「ホロジオラマ」は仮想空間に現場と同じ環境を作り、VRゴーグルを使用して見ることで、その場にいるような感覚で現場を確認・管理することができる装置です。

現場の様々な情報がリアルタイムに更新されるため、実際の現場と同じように計測や施工の検討ができ、また、遠隔地にある複数の現場を即座に切り替えることで、同時にいくつも現場を管理することが可能です。

飛行機のコックピットのような筐体で遠隔操作

遠隔操作ができるアーケード筐体は、飛行機のコックピットがモチーフになっており現場作業員の心をくすぐります。

この筐体は「CEATEC JAPAN 2018」のコマツブースにて体験可能です。

「ランドレポート」とは

作業員間で状況共有(開発途中のイメージ)

CEATEC JAPAN2018 コマツブースにおいて展示される「ランドレポート」のコンセプトモデル

「ランドレポート」は現場の様々な情報を共有できるモバイルアプリです。

AR技術と位置情報を組み合わせて開発されており、スマホで撮影する現場空間にお互いの位置や作業の進捗状況をリアルタイムに重ねて表示することで、状況の共有が可能です。



カヤック社とコマツ社 協力の背景

今回カヤック社とコマツ社が共同制作した背景には、建設業界にて作業員の高齢化により労働力不足が叫ばれている現状があります。

土木の現場は建機だけで完結することがなく、構造物の設置や資材管理など様々な要素から成り立っています。

今回開発されたこれらのコンセプトモデルは、VR・AR技術によって現場の作業員が得られる情報を増幅し生産性の向上に貢献します。

「その現場」にいるような感覚を得ることで、遠隔地からの現場管理を可能にし、建設現場における省人化に寄与します。

「CEATEC JAPAN 2018」概要

開催期間 2018年10月16日(火)~ 19日(金)午前10時~午後5時
会場 幕張メッセ
千葉市美浜区中瀬2-1
入場 全来場者登録入場制
≪当日登録≫一般 1,000 円・学生 500 円(学生20名以上の団体および小学生以下は入場無料)
≪Web 事前登録者・招待券持参による当日登録者≫入場無料

まとめ

作業員の高齢化による労働力不足だけでなく、震災復興事業や東京オリンピック関連の建設により特に人手不足に拍車がかかっている建設業界。

「もっと生産性が高く、もっと安全で、もっとスマートな未来の現場」を実現するために、そして作業員の負担を少しでも軽減すべく、今回カヤック社とコマツ社はVR・AR技術を生かして、現場の情報を共有するモバイルアプリ「ランドレポート」と、VRゴーグルを使用し現場を確認・管理することができる装置「ホロジオラマ」を共同で企画・制作したことを発表しました。

情報を共有するモバイルアプリ「ランドレポート」に関しては、建設業界に限らず活用できる機会は多いのではないかと感じます。

今回のモデルが建設業界の人材不足に一石を投じることができるか、これから期待したいですね!

ソース:カヤックの株式会社プレスリリース[PR Times]










VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む