VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRで図面の中を歩ける!中古マンションリノベ事業で「VRアーキテクツシステム」を開始!

注文住宅・デザイン住宅を手がけているフリーダムアーキテクツデザイン株式会社は10月25日(木)、同社が運営する中古マンションのフルリノベーション事業「REDESIGN」で3Dモデルで作成された設計図面の中をVRで自由に歩くことができる「VRアーキテクツシステム」を10月から本格的に開始することを発表しました。


「VRアーキテクツシステム」とは

「VRアーキテクツシステム」は

・BIMソフトウェア「REVIT®」(Autodesk社)

・クラウドサービス

・Dゲームエンジン、HMD「HTC Vive」

を連携させたワークフローを確立することで、3Dで作成した設計段階の家のなかをVRを使用して自由に歩くことができるサービスです。

設計の初期段階からBIMソフトウェア「REVIT®」が活用され、住宅の完成イメージは3次元の立体モデルで作成されます。

そのモデルデータをHMD「HTC Vive」と連携させることで図面の中を「自由に歩く」体験が可能となり、平面図ではわかりづらい室内の奥行感や天井高をよりリアルに確認することができます。

さらに家具やインテリアもモデル内で具体的に再現できるため、ソファやTVなどの家具の配置や壁材と空間のマッチングなども全てVR空間のモデルで確認することが可能です。

新しく生まれ変わった家での暮らしをリアルに体感できるため、設計者とつくるオンリーワンの家づくりを一緒にイメージしながら進行することが可能になります。

「VRアーキテクツシステム」開始の背景

ゼロから設計する注文住宅は、図面やCGパースから完成図をイメージするしかなく、設計者が提案する完成イメージを読み取ることが難しいためにどのような住宅になるのか不安になるケースがありました。

それを解決するために、2017年2月から戸建ての注文住宅の設計で「VRアーキテクツシステム」の展開が開始され、今回中古マンションのフルリノベーション事業「REDESIGN」でも開始されました。



「VRアーキテクツシステム」体験可能店舗

「VRアーキテクツシステム」の体験は、中古住宅(戸建・マンション)のフルリノベーション事業「REDESIGN」を行っている

日本橋スタジオ

立川スタジオ

横浜スタジオ

大宮スタジオ

の4店舗で可能です。

詳細:REDESIGN オフィシャルサイト

まとめ

図面の段階からVRを活用して、3Dで作成されたVR空間の家の中を自由に歩いて見学することができる「VRアーキテクツシステム」が中古マンションのフルリノベーション事業で今回本格的にサービスが開始されることになりました。

賃貸や中古物件選びの場では、物件を訪問せずともVRで内見できるサービスすでに普及し始めていて、今回は未完成物件が設計の段階で再現されるようになったりと、不動産の分野では特にVRの活用が進んでいることが伺えます。

ソース:「VRアーキテクツシステム」プレスリリース[PR Times]
 









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む