VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR空間を簡単に編集!STYLYで新機能「VR Editor」の提供を開始

VRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を運営しているPsychic VR Labは10月29日(月)、VR空間内の素材だけでなく空間自体を自在に操作しながら編集することが可能な新機能「VR Editor」の提供を開始したことを発表しました。


「VR Editor」とは

「VR Editor」は、VRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」に今回新しく搭載された新機能です。

素材(アセット)だけでなくVR空間自体を拡大や縮小しながら編集することができるため、VR空間にある

・アセットの移動

・拡大・縮小

・複製・削除

などを俯瞰視点の箱庭感覚で編集を行うことが可能です。

VR空間制作時に起こる

・3D空間特有の距離感の掴みにくさ

・一人称視点で見た際のサイズ感の違い

などの問題を解消しており、より直感的に制作することができます。

VR Editorの詳細:STYLY公式サイト

現在、バーチャルアーティスト「えもこ」氏(NEWVIEW AWARDS 2018グランプリ受賞)が「VR Editor」を紹介する動画を公開しています。

「STYLY」とは

「STYLY」とはWEBブラウザ上で誰もが簡単にVR空間を作ることができるプラットフォームです。

Vtuberなどのアーティストに空間表現の場を提供しています。

コンセプチュアルなショップ空間やインスタレーション、ギャラリーなどクリエイターのイマジネーションを際限なく表現した多彩な空間を構築することができ、リアルではできない体験をインターネットの世界へシェアすることが可能です。

また、Youtube、SoundoCloud、Instagramといったサービスとも連携しているため、複雑な操作は一切必要なく、各種素材を取り込んで空間制作に活用することができます。



「VR Editor」利用方法

「VR Editor」を利用して編集するには

1.STYLY WebEditorを起動

2.新規 or 既存の空間に必要素材をインポート

3.STYLYのSteamアプリをダウンロード後、起動

4.My Scenesを開き、対象空間のサムネイル右下にある鉛筆ボタンをクリック

5.もしくは、VR空間内でメニューを開き、Edit in VRボタンをクリック

6.STYLY VR Editorが起動

の手順を踏んで使用します。

また「VR Editor」操作方法は以下のとおりです。

アセットの移動

コントローラーで対象物に触れ、トリガーを引くとアセットを掴めるので、そのまま好きな場所へ移動する事が可能です。

引用:プレスリリース

アセットの複製・削除

アセットを掴んだ状態で、タッチパッドをクリックすると複製することができます。

また、削除したい場合は消したいアセットにコントローラーで触れ、タッチパッドをクリックすると削除できます。

引用:プレスリリース

アセットの拡大・縮小

アセットを掴んだ状態で、もう片方のコントローラ-のトリガーを引き、両手を広げると拡大、狭めると縮小します。

引用:プレスリリース

空間の拡大・縮小

両手コントローラーのグリップボタンを押しながら、両手を広げると拡大、狭めると縮小します。

引用:プレスリリース

空間の回転

両手コントローラーのグリップボタンを押しながら、両手を前後に動かすと回転させることができます。

引用:プレスリリース

まとめ

クラウド上でVR空間を制作し、配信することができる無料のプラットフォーム「STYLY」。

VRやプログラミングに詳しくなくてもVR制作・配信まで行え、10以上のプラットフォームからのインポートも可能とあって高い評価を得ています。

従来のSTYLYは、PCのブラウザからでしか編集できなかったのですが、今回のVR Editor機能によって、PCの画面ではわかりづらい物体の大きさや距離感をVRで確認しながら直感的に作成できるので、質の高いVR空間を作ることができるようになりました。

VR空間をVRで作成・・・ぜひ1度試してみたいですね!

ソース:「STYLY VR Editor」プレスリリース[PR Times]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む