VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRで事故の恐さを体感!愛知県警と共同で「VR交通安全教育用シミュレータ」開発!

凸版印刷株式会社は11月1日(木)、愛知県警察より委託を受け、360度VR映像を活用した臨場感ある交通安全教育用シミュレータの企画制作を行ったことを発表しました。

このVR交通安全教育用シミュレータは11月より、愛知県内の交通安全教室などで使用されています。


VR交通安全教育用シミュレータとは

VR交通安全教育用シミュレータは、交通事故の加害者や被害者、それぞれの視点で事故の怖さを体験できる360度VR映像です。

愛知県警察ではこれまでも参加・体験・実践型の交通安全教育を実施するためにシミュレータを活用してきましたが、機器の老朽化や汎用性に問題があったことから、

・複数の受講者が一度に体験することができる

・臨場感の高いリアルな体験ができる

・セッティングが容易にできる

シミュレータの導入が求められていました。

交通心理学とリアルなVR映像で事故を体感可能!

VR交通安全教育用シミュレーターは、交通心理学者である大阪大学大学院 中井宏准教授の監修により、事故の恐怖を体感することで教育効果を高められる「スケアード・ストレイト教育技法」が取り入れられています。

また加害者視点や被害者視点、第三者視点のそれぞれの視点から事故を見れるようにすることで受講者に気づきを与える手法も取り入れられています。

これにより、リアルで高精細な360度映像を通じて事故の怖さを体感し、より教育効果の高い交通安全指導システムとなっています。



最大20台のHMDを指導者のPCから同時にコントロール

今回凸版印刷社が開発したVRシミュレータは、最大20台のVRヘッドセットを指導者のノートパソコンから同時にコントロールできるため、一度に多人数を対象に効果的な交通安全教育を行うことができます。

またVRヘッドセット単体での学習も可能で、自主学習による講習も行うことができます。

コンテンツの解説ナレーションは音声合成によるテキスト読み上げで、受講者の理解をサポートしてくれます。

VR交通安全教育用シミュレータの開発では、凸版印刷社がこれまで培ってきたVR体験ソリューションの提供実績と、臨場感・没入感の高い映像制作ノウハウが活用されています。

まとめ

自動車運転免許を取得されている方であれば、交通事故映像を使った講習会に1度は参加されたことがあるかと思います。

通常の映像やシミュレータでも、事故映像自体がショッキングなもので、受講者の印象には残りますが、知識としてとどまるだけで、体験するレベルにはなりません。

本VRシミュレータでは、受講者一人ひとりがHMDを装着し、没入感や臨場感の高い映像で事故を体験でき、事故の恐怖だけでなく、事故後についてもリアルに体験でき、当事者と第三者の視点から事故を捉えることができるのは、すばらしい教育システムだと感じました。

ソース:VR交通安全教育用シミュレータプレスリリース[PR TIMES]










VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む