VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRニュースイッキ見!【後編】「鳥肌レベルの体験!鳥肌挙式VR提供開始!」など注目記事を振り返り!!

週末恒例!VRニュースイッキ見【後編】!

昨日の前編に引き続き、今週(10/26~11/1)注目を集めたVRニュース10記事のうち、後半5記事を一気に紹介します!

VRニュースイッキ見【前編】はこちら→https://vrinside.jp/news/post-148124/

①:VRで書架サイン案の違いを検証!図書館での導線・視線を検証するVRシミュレータ開発!

株式会社ハコヤは10月30日(火)、同志社大学 免許資格課程センター 佐藤翔准教授と共に図書館内での導線・視線を検証するための「図書館VR視線シミュレータ」を開発したことを発表しました。

「図書館VR視線シミュレーター」を利用することにより、図書館の書架サイン案の違いによる行動パターンを検証することができるようなります。

詳細記事はこちら→https://vrinside.jp/news/post-148058/

②:VR空間を簡単に編集!STYLYで新機能「VR Editor」の提供を開始

VRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」を運営しているPsychic VR Labは10月29日(月)、VR空間内の素材だけでなく空間自体を自在に操作しながら編集することが可能な新機能「VR Editor」の提供開始を発表しました。

「VR Editor」はVRクリエイティブプラットフォーム「STYLY」に新しく搭載された新機能で、箱庭感覚で自分の式なようにVR空間を編集することができます。

詳細記事はこちら→https://vrinside.jp/news/post-147934/

③:今度のVR内見は座れる!不動産業界に新たなVRシステムが登場!

ナーブ株式会社は10月29日(月)、同社が提供している不動産物件内見システム「VR内見」に関連して、新たに物件内を実際に移動する体験ができるVRシステム『VR内見プレミアムα版』を開発、11月下旬に野村不動産アーバンネット株式会社の一部店舗で試験的にサービスの提供を開始することを発表しました。

『VR内見プレミアムα版』ではこれまでのVR内見とは違い、「歩く」・「立つ」・「しゃがむ」といった動作を行うことが可能となっています。

詳細記事はこちら→https://vrinside.jp/news/post-147997/




④:VR空間に持ち家!ウェブ仮想空間「MARK.SPACE」に住宅区域オープン

3D・AR・VR製品やソフトウェアを提供しているMARK.SPACE社が、ブロックチェーンベースの3D・VR・AR対応ウェブサイトの仮想空間「MARK.SPACE」で10月30日(火)に住宅区域をオープンしました。

ユーザーはウェブ仮想空間「MARK.SPACE」で土地を購入し、自分の好みに合わせて建物や部屋を自由に装飾できるようになります。

詳細記事はこちら→https://vrinside.jp/news/post-148022/

⑤:鳥肌レベルの結婚式をVRで体験!新郎新婦向けに「鳥肌挙式VR」提供開始!

全国でウェディングプロデュースを手がける株式会社テイクアンドギヴ・ニーズは、結婚式場「アーカンジェル代官山」で11月3日(土)から、会場見学に来場した新郎新婦に向けてVRで挙式が体験できる「鳥肌挙式VR」の提供開始を発表しました。「鳥肌挙式VR」は

「鳥肌挙式VR」はVRゴーグルを着ければ、その場で自分が結婚式を挙げているような「鳥肌が立つレベル」のVR体験が可能なコンテンツです。

「新郎役」「新婦役」それぞれの目線から挙式体験を行うことができます。

詳細記事はこちら→https://vrinside.jp/news/post-147884/

まとめ

後半は、VRによる検証システムや、編集ツール、住宅サービスなど多方面でのVRニュースが豊富でしたね。

図書館の検証にしても、住宅、結婚式にしても事前に疑似体験がリアルに行えるというのはVR利点を活かした利用法ですね。

今後のますますの発展と展開に期待ですね。










元オタクショップの店長。 現在はVR Insideの編集長を務める。 VRにどはまりし、少しでも多くの人にVRの魅力を伝えられるように日々奮闘中。

最新ニュースを読む