VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ARと日経新聞による新たな取り組み!「日経AR」アプリリリース!

株式会社日本経済新聞社はARを活用した新たな取り組みとして「日経AR」アプリをリリースしました。

「日経AR」アプリを利用すれば、AR技術によって新聞記事のより詳しい解説動画などを見ることができるようになります。


日経ARアプリとは?

日経AR

「日経AR」アプリは、AR技術と新聞広告・編集記事を組み合わせた日本経済新聞社の新しい取り組みです。

「日経AR」アプリをスマホにインストールし、アプリを通して新聞紙面上にある特定のマーカーを読み取ると、新聞記事のより詳しい解説動画などを見ることができます。

また新聞広告においては、任意のサイトへ遷移したり、紹介している商品に関連した画像や動画をスマホ画面に表示します。

また、表示された仮想物体を動かすこともできるため、今までにないリアルな体験ができるとともに、コミュニケーション性の向上が期待できます。

 

「日経AR」第1弾は12月2日発行の金融情報誌にて展開!

日本経済新聞社は「日経AR」の第1弾として、12月2日に発行される金融情報紙「日経ヴェリタス」にてARコンテンツを展開します。

カバー特集のテーマは「イノベーション」で技術革新により登場する製品をARによる立体映像で紹介します。

その他にも企業のニュースに関連する解説を動くグラフや動画で見ることができるようです。

株式会社オプトとスターティアラボ株式会社が「日経AR」アプリの開発を支援!

「日経ARアプリ」の開発では、スターティアラボ株式会社のAR技術を、データマネジメントとしてオプトが提供するアプリプロモーション総合支援プラットフォーム「Spin App」を採用しています。

今後も「日経AR」は両者の協力を得ながら更なる機能拡充として、スタンプラリー機能を実装するなど、より活用の幅をひろげていく予定です。



「日経AR」アプリ概要

利用環境:iOS7以上のiPhoneおよびiPod touch

Android4以上のAndroid端末

※iPod touchではWi-Fi通信環境が必要です。
※ アプリのダウンロードには「Apple ID」または「Googleアカウント」がです。

App Store

Google play

まとめ

ARと新聞記事!

特に、経済関連となるとARとの親和性が高そうですね。

文字だけでなく、映像や画像で表示することでよりわかりやすく、情報を得ることができます。

現実世界に補足情報を表示させやすいARは新聞や本などの紙媒体との愛称は案外いいのかもしれません。

今後、ARがさらにどのような取り組みに活用されるのか非常に楽しみですね。

ソース:「日経AR」プレスリリース[PRTIMES]









VRInside~VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア~


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む