VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

可愛い3Dキャラクターが顔の動きに合わせて熱唱!アバターカラオケアプリ「nemo」(β版)登場

3Dアバターアプリの開発・運用を行う株式会社aboonは、2018年12月20日(木)より3Dアバターカラオケアプリ「nemo」β版の提供を開始したことを発表しました。


3Dアバターカラオケアプリ「nemo」とは

「nemo」は、自身の顔を出すことなく動画投稿ができる3Dアバターのカラオケアプリです。

表情追跡技術が活用されており、3Dキャラクターがユーザーの顔の動きに合わせて歌を歌います。

キャラクターは、国境を越えて老若男女が親しめ、世界中で利用されることを目指したユニバーサルなデザインで、日本のVTuberなどが使用している日本的なアニメ文化と親和性の高いデザインとは違っている点も特長です。

また楽曲は

古くから親しまれている定番曲

カラオケで人気ランキング上位に入る最新曲

など邦楽・洋楽含め300を超えた(12月20日時点)みんなで楽しめる楽曲が収録されています。

これらの楽曲はすべて、一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)の利用許諾が得られており、歌って録音したデータの一部(動画データの長さはSNSによる)を各SNS上でシェアすることも可能です。

なお、スマホ本体へのデータ保存はできなくなっています。

まずはiOS版(iPhone X以降の機種)の展開となり、iPhone X以前のiOS端末は2019年1月頃、Android版については2019年内の提供を目指して開発が進められています。

「nemo」の楽しみ方

「nemo」では、

・楽曲を選ぶ

・3Dアバターを選ぶ

・曲に合わせて歌う

・SNSにシェア

の4つの簡単なステップで、3Dアバターによる歌唱動画をSNS上でシェアして楽しむことができます。



選べる3Dアバター

選べるキャラクターは2018年12月20日現在で9種類、今後順次追加される予定です。

開発の背景

近年、YouTube上で独自に制作した動画を公開する人がYoutuberと称されるようになるなど、気軽にSNSへの動画投稿ができるようになりました。

しかし、自らの顔を出しての配信を躊躇する人もおり、またプライバシー観点から危険性を伴う面があるのも現状です。

そこで今回、それらの課題をクリアできないかという思いから、匿名性をもった3Dアバターでの表現ができるアプリが開発されました。

また、日本には「歌ってみた」というジャンルで自身が歌を歌う姿を投稿する人も多くいることに目を付け、顔を出さず3Dアバターによって歌唱動画を投稿ができるサービスが生まれました。

「nemo」サービス概要

正式名称:nemo

開発・運営:株式会社aboon

対応端末: iPhone X, iPhone XR, iPhone XS, iPhone X Max(2018年12月20日時点)

サービス地域:日本

対応言語:日本語・英語

サービス開始日:2018年12月20日(水)

まとめ

動画投稿マーケットが盛り上がりを見せる中、今回は3Dアバターのカラオケアプリが登場です。

世界中で利用されることを目指したユニバーサルなデザインと、「歌ってみた」からカラオケをテーマにしてアバターとマッチングさせたところがポイントです。

顔出しは怖いけど自分の歌声をみんなに聞いてほしい・・・と思っている人にとって、容姿などに左右されず歌によって気軽に自己表現ができてSNSでシェアできることはとても魅力でしょう。

今後歌ウマで注目される新キャラクター(人)が出てくるかもしれませんね。

ソース:「3Dアバターカラオケアプリ nemo」プレスリリース[PR Times]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む