VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

アップするだけで自作の3Dキャラが動く!ピクシブの投稿・共有サービス「VRoid Hub」リリース

ピクシブ株式会社は、3Dキャラクターモデルの投稿・共有プラットフォーム「VRoid Hub」を2018年12月21日(金)より提供開始したことを発表しました。


「VRoid Hub(ブイロイド・ハブ)」とは

VRoid Hubは作成した3Dキャラクターのモデルデータを投稿することで、各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ上でアバターとして利用したり、他のユーザーと共有することができるサービスです。

・pixivの会員登録を行えば誰でも無料で利用可能

・キャラクターを活かしたプロフィールページ作成

・モデルデータの配布が可能(利用条件あり)

という特長があり、言語は日本語と英語に対応しています。

プロフィールページの作成

ユーザーは、各種3Dモデリングツールで作成したVRM形式(3Dアバター向け汎用ファイルフォーマット)のモデルデータを、VRoid Studio(3Dキャラクターモデル作成ができるWindows・Mac用アプリケーション)やWebブラウザからアップロードするだけで、簡単にキャラクターがアニメーションするプロフィールページを作成することができます。

用意されている多数のモーションから選択してキャラクターの性格を表現することで、個性的なページを作ることができ、

・キャラクター名やプロフィール

・各種SNS等の情報や関連リンク

などを掲載・公開することが可能です。

モデルデータの配布

またVRoid Hubでは、自作の3Dキャラクターモデルを

・アバター利用

・暴力表現

・性的表現

・法人利用

・個人商用

・ギフティング

・改変

・再配布

・クレジット表記

などからOK/NGの利用条件を指定して、他のユーザーへ提供することができます。



VR/ARプラットフォーマー・3Dコンテンツ制作者向け開発キット「VRoid SDK」とは

VRoid SDKとは、VRoid Hubに投稿された3Dキャラクターのモデルデータを、各種VR/ARプラットフォームや3Dコンテンツ上で利用できる機能を提供する開発者向けキットです。

VRoid SDKが導入されたプラットフォームやコンテンツでは、VRoid Hubに投稿されたキャラクターをダウンロードせずに利用できるため、様々なサービスを1つのキャラクターで共通利用することが可能になります。

これまでユーザーが3Dアバターを作成して利用するサービスでは、各サービスごとにアバター管理システムを構築する必要がありましたが、VRoid SDKではユーザーはVRoid Hub上のアバターを利用できるため、開発者は独自のシステムを用意する必要がなくなるというメリットがあります。

ライブ配信アプリ「SHOWROOM V」で呼び出しが可能に

VRoid Hubは、SHOWROOM株式会社が提供するバーチャルキャラクターになりきってライブ配信ができるiPhone向けアプリ「SHOWROOM V」と連携しており、クリエイターによって定められた条件のもと、VRoid Hubに投稿された3Dキャラクターモデルを「SHOWROOM V」で楽しむことができます。

「SHOWROOM V」ダウンロード:SHOWROOM V

まとめ

今回リリースされた「VRoid Hub」では、自作の3Dキャラのプロフィールや情報公開だけでなく、条件を設定した上でモデルデータを他の人に提供することができるようになりました。

VRoid Hubを介して作成したキャラクターがいろんな人に利用されて、キャラクターの活躍の場が広がることはクリエーターにとってうれしいことですね。

これからも各プラットフォームやコンテンツとの連携を順次進められていくようなので、今後さらに使いやすくなっていくことでしょう。

ソース:「VRoid Hub」プレスリリース[PR Times]
 









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む