VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VTuberサービスへの導入も可能!「Avatar Play」にiPhone向けツール提供開始!

DeNAは、アバターアセットが利用できるサービス「Avatar Play」の新たなツールとして、iPhone対応の「着せ替えアプリ β版」と開発者向けUnity/iPhone対応の「アバターSDK β版」の提供を2018年12月21日(金)に開始したことを発表しました。


「Avatar Play」とは

公式サイト(developer.avatarplay3d.com)より引用

「Avatar Play(アバタープレイ)」とは、DeNA社がMobage上で提供してきた10万点以上の3Dアバターのデータを、VRゲームなどのコンテンツに導入することができるサービスです。

GearVRでアバターアセットが利用可能になる「着せ替えアプリ(旧Avatar Fit)」と、開発者向けUnity/GearVR対応の「アバターSDK β版」が2018年6月に第一弾としてリリースされています。

iPhone対応ツールの提供を開始!

「Avatar Play(アバタープレイ)」のサービス第二弾として、動画配信を行うサービス(iPhoneアプリ向け)に3Dアバターが導入できるようアップデートが実施されました。

「着せ替えアプリ β版」

「着せ替えアプリ β版」はiPhone向けアプリの導入支援ツールです。

「着せ替えアプリ β版」【概要】

アプリ名:Avatar Play(旧Avatar Fit)

配信形式:iPhone アプリ(オープンβ公開) / Gear VR アプリ(クローズドβ公開)

ジャンル:ユーティリティ

利用料金:無料

権利表記:© DeNA Co., Ltd.

対応OS:iOS 11以上のiPhone端末

Android OS 5.0以上のGear VRに対応したSamsung Galaxyスマートフォン端末

公式サイトAvatar Play



開発者向けUnity/iPhone対応の「アバターSDK β版」

開発者向けUnity/iPhone対応「アバターSDK β版」を導入したアプリでは、iPhone対応「着せ替えアプリ β版」と連携することによって、10万点以上の3Dアバターが導入できたりアバターを個性豊かに着せ替えることができるだけでなく、異なるアプリ間でも同じアバターを共通利用することが可能になります。

またアバターアセットのデータが軽量のために、一つ画面上で複数のアバターを配置することができます。

「アバターSDK β版」【概要】

配信形式:Unityパッケージ(クローズドβ公開)

ジャンル:ライブラリ

利用料金:無料

権利表記:© DeNA Co., Ltd.

対応OS:【開発環境】Unity5.6以上が動作するMac、Windows

【実行環境】Android OS 5.0以上

公式サイトAvatar Play

まとめ

今回リリースされたAvatar Playのアップデートでは、着せ替えアプリを使ってアバターを変更するとアバターSDKを導入したアプリ側へも反映される仕組みになっています。

組み合わせが無限で、質が高く軽量、それが無料で簡単に導入できるとあれば、ユーザーの満足度がさらにアップすること間違いなしですね。

ソース:株式会社ディー・エヌ・エー プレスリリース









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む