VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR環境のデータを共通化!「THE SEED ONLINE」2019年2月に提供開始!

株式会社バーチャルキャストは、2018年12月21日(金)、VR向け3Dアバターファイルフォーマット「VRM」で作成された3Dキャラクター(人型アバター)および3Dデータ(アイテム、背景等)をアップロードし、各種VRサービスや連携アプリ共通で利用できる流通プラットフォーム「THE SEED ONLINE(ザ・シードオンライン)」を、2019年2月中旬に提供を開始すると発表しました。


「THE SEED ONLINE」とは?

「THE SEED ONLINE」は、VR環境で利用できる「VRM」形式のアバタ―、アイテムなどの様々なデータをアップロードすることで、各種VRサービスや連携アプリ内の共通データとして利用することができるプラットフォームです。

複雑な動作をプログラムできるアイテムや、背景等の投稿も可能となる仕組みも準備されており、さらに投稿されたデータは「THE SEED ONLINE」上で販売することも可能となります。

これにより「THE SEED ONLINE」上では、

作って(作成)

集めて(投稿・流通)

VR空間で遊べる(自由な使用)

という、VRを楽しむための体験をすべて実現することができるようになります。

サービス開始時は、バーチャルキャスト社の「バーチャルキャスト」や株式会社ドワンゴと株式会社S-courtが提供中の「カスタムキャスト」、SHOWROOM株式会社が提供している「SHOWROOM V」などのサービスとの連携が予定されており、自由なコラボレーションが実現することで、サービスの枠を超えたユーザー体験が提供されます。

「THE SEED ONLINE」では、提供開始後も連携プラットフォームやサービスを随時増やしていく予定となっており、次の段階的なアップデートを目指してサービスが提供されます。

今後のアップデートについて

【1】アバターだけではなく、VR空間で使用できる3Dデータ・アイテム、そしてそれらを組み合わせたギミックを作り込めるプログラミング環境を提供し、さまざまなプラットフォームで使用できる「遊び」をつくり、流通できる仕組みを提供。

【2】投稿された3Dデータの複製や再利用を防止し、著作権益を保護する機構を開発。

3Dデータ資産を持つゲームメーカーやIP権利者と提携し、各3D/AR/VR/MRサービスで使える、3Dデータの流通、収益化を目指す。

引用元:株式会社バーチャルキャストプレスリリース




「THE SEED ONLINE」リリース時の連携サービス(2019年2月予定)

現段階で予定されている、「THE SEED ONLINE」リリース時の連携サービスを紹介します。

バーチャルキャスト

「バーチャルキャスト」は、ユーザーが、バーチャルキャラクターになってVR空間のスタジオでリアルタイムにコミュニケーションできるVRライブ・コミュニケーションサービスです。

ニコニコ生放送などの生配信サービスを介してスタジオを公開したり、他のユーザーが公開中のスタジオに「凸機能」で『乱入』することもでき、好きなキャラクターになりきって自由にコミュニケーションを楽しむことができます。

詳細:バーチャルキャスト公式サイト

カスタムキャスト

「カスタムキャスト」は、スマートフォン一つで、誰でも簡単にVTuberとして生放送配信が可能なスマートフォンアプリです。

VTuberに必要な自身の分身となる3Dモデルは、「ヘアスタイル」、「フェイス」、「ボディ」、「コスチューム」、「アクセサリー」など数多くのカスタマイズ機能により、自分専用のVTuberを作ることが可能です。

詳細:カスタムキャスト公式サイト

SHOWROOM V

「SHOWROOM V」は、VRMのモデルを利用して誰でも簡単にiPhoneからバーチャルキャラクターになりきってSHOWROOMに配信可能なバーチャルライブ配信アプリです。

詳細:SHOWROOM V公式サイト

「THE SEED ONLINE」はSAOの著者川原礫氏に許諾を得てネーミング!

サービス名「THE SEED ONLINE」は、世界的人気のVRゲームを舞台に描かれたライトノベル『ソードアート・オンライン』に登場するVRMMORPG制作及び自動制御を行うことができるフリーソフト『ザ・シード』に感銘を受けた開発者が、さまざまなVRプラットフォームへ行き来するための基盤として開発したことにより、ネーミングされました。

参考:電撃文庫『ソードアート・オンライン』特設サイト

まとめ

VTuber向けライブ配信サービスやアプリが増え、VTuberとして活躍するユーザーも増えて着ましたが、1つのサービスの枠にとらわれず、様々なサービスのキャラクターやアイテムを自由に使うこともでき、配信することで、より多くの人に視聴してもらうことが可能になるすばらしいプラットフォームが誕生しそうですね。

また、今後予定されているアップデートもユーザーにとって嬉しい機能であり、著作権益を保護するシステムを開発することはVR黎明期の今、必要とされるものだと思います。

ソース:「THE SEED ONLINE」プレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む