VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR機器に装着するだけ!香りと触覚を再現するデバイス「Feelreal」が登場!

VR体験の没入感を促進する要素の一つが「香り」で、体験中のVRコンテンツに応じた香りによってVR体験の刺激を増幅できます。

VR体験中に香りを加える技術は様々な研究が行われていますが、市販のVR機器の殆どで手軽に使える香り生成用デバイスが登場しました。


市販のVR機器で手軽に使える、香り生成デバイス「Feelreal」とは

このデバイスは「Feelreal」という名称で、市販のVR機器の殆どに対応しており、様々な種類の香りを生み出します。

また、香りだけでなく振動などの触覚を再現することも可能で、香りと触覚でVRの没入感をブーストします。

Feelrealを装着した姿はマスクを被っているような近未来的な姿ですが、デバイスの脱着が簡単で、用途に応じて様々な種類のアロマに交換できます。

様々な種類の香りを発生

デバイスには特殊な香り発生装置が搭載されており、合計で9種類の香りに対応しています。

ラベンダーやミントなどのリラックス効果のある香りから、焼けたゴムや火薬の匂いなどのゲームでの使用にピッタリな香りなど、様々なVR体験のシチュエーションで使用できます。

公式サイトによると、Feelrealで使用できる香りの種類は今後増やしていくとのことで、将来的には255種類もの香りが利用可能になるとのこと。

用途に応じて様々な香りをミックスすることも可能で、香料の調合にはウクライナの首都キエフに在住の調香師、Bogdan Zubchenko氏が携わっています。

人体に無害な香り

よく市販のお香の注意書きなどに、睡眠中に焚いたり、煙を直接吸い込むと身体に悪影響を及ぼす可能性があると記載していますが、Feelrealはデバイスの特性上、鼻のすぐ前で香りを生成しますが問題ないのでしょうか。

公式サイトによると、

私たちは、様々なゲームや映画の雰囲気にピタリと合う香りを選んでいます。それらは食品業界で使用されている香料に近いもので、吸い込んでも安全です。

とのことです。ユーザーの健康面も考慮した設計がされているので、安全に使用できますね。

触覚も再現可能

また、Feelrealは香りだけでなく触覚も再現可能で、振動や熱、風までも再現できます。

デバイスには香りを含んだミスト(霧)を発生するイオン生成装置や、熱発生用の小型ヒーター、風を再現するクーラーや振動用のモーターを内蔵しています。

VR体験に触覚をもたらす技術も様々な機関や企業が開発していますが、往々にして大規模な装置が必要になったり、大がかりな全身装着型のデバイスを身に着ける必要があります。

ですが、Feelrealのようなデバイスで手軽に触覚を生み出すことができれば、VR体験と触覚との組み合わせが普及しやすくなりそうです。



市販の殆どのVR機器に対応

また、Feelrealは現在市販中の殆どのVR機器に対応しているのもメリットです。

Oculus Rift、HTC Vive、PlayStation VR、Oculus Go、Gear VRであればどの機器にも装着可能で、接続はWi-FiもしくはBluetooth経由で行います。

また、様々なカラーのVR機器に外見的にもフィットするように複数のカラーバリエーションがあり、白、黒、グレーの3種類から選べます。

デバイスの装着はマグネットを使用するので脱着やアロマの交換なども簡単で、バッテリーは4時間持続するとのこと。

重量も7オンス(約200グラム)と軽量なので、装着感を殆ど感じずに使用できそうです。

ヒット作VRゲームで手軽に効果を体験

ですが、どのVR体験にどんな種類の香りが合うかは中々分からないものです。

こうした場合のために、Feelrealの効果をより手軽に試すために、様々なVRゲームに対応したエフェクトを用意しています。

対応タイトルは「Skyrim VR」や「Beat Saber」、「Death Horizon」などのヒット作VRゲームで、それぞれのタイトルに応じた適切な香りや触覚によって、より効果的にデバイスを使用できます。

その他、「Feelreal Dreams」というオリジナルコンテンツでは、デバイスの様々な機能の効果を実感するためのVR体験カタログが収録されており、専用の動画プレイヤーでは360度動画を観ることもできます。

その他、開発者向けのSDKも公式サイトで公開しており、自作のVRゲームなどに対応したエフェクトを実装できる等、幅広いサポートが利用できるのも特徴です。

クラウドファンディングで資金公募

気になるのはFeelrealの発売日や価格ですが、現在クラウドファンディングサイトのKickstarterでの資金公募が予定されています。

価格や発売日、またKickstarterのサイトもまだ未開設の状態ですが、支援者にはデバイスをディスカウント価格で提供するとのことです。

また、公式サイトからサインアップして最新情報を受け取ることが可能です。

まとめ

VR機器に装着するだけで、香りと触覚を生み出せるデバイス「Feelreal」が登場しました。

Oculus RiftやHTC Vive、Oculus Goを始め、現在市販されている殆どのVR機器に対応しており、様々な種類の香りを発生することができます。

リラックス効果のある香りからゲームでの使用に向いた香りまで様々な香りを発生することで、VR体験中の没入感を増幅します。

香りや触覚を手軽に再現することができるデバイスとして画期的と言えますね。

参考サイト:Road to VR









Daisuke


フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む