VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

自作の3Dキャラを簡単にVRM形式に変換!『VRM Exporter』無償公開

株式会社カシカは、2018年12月20日(木)、オートデスク社のMaya®で制作したグラフィックをVRMファイル形式に変換することができるMaya®用のプラグイン『VRM Exporter』を無償で公開しました。


『VRM Exporter』開発の経緯

バーチャルYouTuber市場は、Vtuberの従業員が登場したり、誰でもスマホ1つでVtuberになれるアプリが登場するなど急拡大しています。

自分で製作した好みのキャラクターを使って配信することができますが、配信には専用のVRM形式のモデルデータが最適となっています。

VRM形式は、ドワンゴ社が提唱する、VR向け3Dアバター汎用ファイルフォーマットです。

このVRM形式のモデルデータを作成するには、これまでは任意のDCCツールにて3Dモデルデータを制作後、さらに別のソフトを経由してファイル変換を行わなくてはならず、作業の手間や時間がかかっていました。

そこで今回Maya®から直接VRMファイルに変換可能なプラグインが開発されました。

これにより、3Dモデルデータを作成した後、『VRM Exporter』を経由することで簡単にVRMファイルに変換することができ、各種アプリケーションで利用することが可能になります。

チュートリアル動画も同時リリース

エクスポート方法をわかりやすくまとめたチュートリアル動画も同時公開されており、スムーズに利用を開始することができます。

プラグインダウンロード・機能詳細:VRM Exporterダウンロードページ



『Kashika Space』でWebベースで3Dグラフィックの表示が可能に

『Kashika Space』とは、カシカ社が現在開発中のWebブラウザで3Dグラフィックを表示できるビューワーです。

URLを共有することでPCやスマートフォンなど、どのデバイスでも3Dグラフィックの表示が可能となり、アプリ開発などの必要がありません。

さらに、カシカ社により独自に開発された表示プログラムとグラフィックモデルデータ圧縮技術とを組み合わせることで、大容量の高精細グラフィックが待機時間なしでスムーズに表示することができます。

これまでにもMayaから簡単にglTF2.0形式のファイルをエクスポートできるプラグイン『glTF Exporter』がリリースされており、『VRM Exporter』とあわせて『Kashika Space』とも連携される予定となっています。

『Kashika Space』と2つのエクスポーターが連携することで、Web上で高精細なグラフィックをスムーズに表示することができます。

現在、『Kashika Space』は、クローズドベータでの提供が開始されています。

詳細:Kashika Space

まとめ

Vtuber向けの3Dキャラクターは専用アプリなどで様々なものが用意されていますが、Mayaで制作された3DCGを簡単にVRMファイル形式に変換することができれば、さらにVtuber市場は大きく広がりますね。

また現在開発中の『Kashika Space』がリリースされれば、高解像度の3DCGをWebブラウザ上で表示できるようになり、Web上でよりリアルな立体表現や質感の表現が可能となりそうですね。

ソース:『VRM Exporter』プレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む