VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

誰でも簡単!VTuberのコラボライブ配信ができる『vmeets LIVE!』α版無料公開!

リブゼント・イノベーションズ株式会社は、2019年1月4日(金)、時間と手間がかかっていたVTuberコラボライブ配信を誰もが簡単に行えるWindows/Macアプリ『vmeets LIVE!』を開発し、2019年1月14日までα版を期間限定でテスト公開することを発表しました。


『vmeets LIVE!』とは?


『vmeets LIVE!』は、Live2Dのマイアバターをアップロードして同時に4人まで、「動きのある」コラボライブ配信を誰でも簡単に行うことができる画期的なツールです。

単独の場合も、これまでより楽にライブ配信をすることができます。

2019年は「コラボ配信元年」として、誰もが気軽にVTuberになり、時には単独で、時には複数のVTuberと一緒に、それぞれが情報発信ができる時代となることを目指しています。

『vmeets LIVE!』は、期間限定で、1月14日(月・祝)までαテスト版を無料公開しており、アカウント不要で、誰でも気軽に楽しむことができます。

Live2Dのアバターをアップロード

みんなで配信の打ち合わせ

配信の簡単セッティング

詳細: 『vmeets LIVE!』

『vmeets LIVE!』開発の背景

リブゼント・イノベーションズ社では、

「2019年はコラボ配信元年~誰でも画期的に簡単にVTuberのコラボ配信を可能に~」

を掲げています。

難しくないと思われるVTuberの「コラボ配信」ですが、これまではVTuberやVLiverが複数人で同時配信を行う場合は、複数のソフトウェアを組み合わせる必要があり、時間と手間のかかる作業が必要でした。

さらに、コラボ配信が出来たとしても、アバターが横一列に並んだだけで動きがない表現にとどまるケースも多くみられます。

このような課題を解決するため、「vmeets」の開発で培ったアバター制御技術・通信技術・高度でなめらかなUI技術を活用し、VTuber/VLiver向けのコラボ配信支援ツールとして『vmeets LIVE!』が開発されました。

『vmeets』とは

「vmeets」は、アバターを介したコミュニケーションツールとして、Windows/Mac/iOS/Android/VR/ARデバイスにてクロスプラットフォームで開発され現在クローズドアルファテスト中のこれまでにない全く新しい複合サービスです。

「vmeets」では、アバターを用いて誰でも気軽に性別・年齢・国籍を越えて、エンターテイメントのコミュニケーションだけでなく、仕事や学習、プライベートのコミュニケーションを行う事が可能です。

・自動文字起こし
・音声保存
・自動翻訳
・スマート議事録

など、既存のビデオチャットツールやテキストチャットツールの機能を上回る便利さで、テレコミュニケーションの観点から「働き方改革」「学び方改革」「遊び方改革」をもたらす画期的なコミュニケーションツールです。

現在、『vmeets LIVE!』の「会議を始める」ボタンから一部機能を利用することができます。



『vmeets』と『vmeets LIVE!』の今後について

「vmeets」及び「vmeets LIVE!」では今後の展開として、

・Live2D形式に加えてVRM形式の3Dアバター対応

・PC版とシームレスにつながるVR版/スマホ版

・シンプルで高度なカスタマイズができる配信レイアウト機能

・講義やカンファレンスで使えるインタラクティブなコミュニケーション機能と多人数通信

・企業でも安心して使えるセキュリティ対応

引用元:プレスリリース

などの本格的な機能拡充を進める予定です。

老若男女や用途を問わず、『アバターを介したコミュニケーション』が普段の生活の中で定着し、広く浸透していく未来を目指していきます。

『vmeets LIVE!』開発チームについて

「vmeets」及び「vmeets LIVE!」はリブゼント・イノベーションズ社代表の橋本氏をはじめとした次の3名を中心とした、リアルタイム3DCG・通信・フロントエンド・バックエンド・UIUXの技術に長けたエキスパートチームで開発が進められています。

■代表取締役社長 橋本 善久氏

主な経歴など:元スクウェア・エニックス CTO/新生FF14 テクニカルディレクター/ディズニー テクノロジア魔法学校 教材・システム開発責任者 他

■CTO 春日 秀之氏

主な経歴など:元新生FF14 リードエンジニア/ドラゴンクエストビルダーズ テクニカルディレクター 他

■林 優一氏

主な経歴など:元LIG CTO/Emotion Tech プロダクトマネージャー 他)の

まとめ

日々、Vtuberが増加し、活躍する中でコラボライブ配信も簡単にできるのではと思ってしまいがちですが、実際には手間のかかる作業なんですね。

静止画・音声配信?と感じてしまう、コラボ配信を実際に目にしたことがあります。

「vmeets LIVE!」では、簡単に誰でも4人までの同時ライブ配信ができるありそうでなかったユニークなサービスです。

現在はLive2Dのアバターですが、将来的にはVRM形式の3Dアバターに対応するということで、今後の開発が楽しみですね。

また開発メンバーがすごい方たちばかりなので、今後の展開は本当に楽しみです。

ソース:『vmeets LIVE!』プレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む