VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

11K超高画質を実現!8つのレンズを持つVRカメラ「Insta360 Titan」予約受付開始!

次々と新しい360度カメラを世に出しているInsta360が2019年1月8日(火)、重量級VRカメラ「Insta360 Titan」の予約受付を開始したことを発表しました。


「Insta360 Titan」とは

Insta360 Titanとは、11K撮影可能な一体型360度カメラで、

・8つのレンズを持ち

・最大11K画質の360度写真や動画の撮影ができる

といった特徴を持つ最新のVR映画用カメラです。

Insta360 Titanには

・8つのマイクロフォーサーズ(MFT)センサー

・既存の一体型VRカメラの中では最大のセンサー

の2つのセンサーが搭載されており、MFTセンサーによってTitanの画質やダイナミックレンジ、暗い環境の表現や色深度は限界まで引き上げられます。

Insta360 Titanの特長

Insta360 Titanには大きく分けて、5つの特徴があります。

高画質撮影と多彩な撮影モード

360度カメラはいくつのセンサーを使い、360度すべての角度を撮影するカメラで、その大半はスマホやアクションカメラにもよく使われる小さいサイズのセンサーを搭載していますが、カメラサイズが小さくなる分、画質は制限されてしまいます。

今回開発されたTitanは画質を重視しており、8つの最適化されたMFTセンサーを搭載して、大きいサイズのセンサーのメリットを活かしつつ、可能な限りコンパクト化されました。

また撮影モードは、11K@30FPSの2Dまたは10K@30FPSの3Dの360度動画、11Kの3Dまたは2D 360度写真が撮れる他、8K@60FPS、5.3K@120FPSの360度動画を搭載しています。

www.insta360.com/より引用

自然な光と色を表現

Titanでは通常の8bitカラーに加え、10bitカラー撮影も可能。

10億以上の色の表現及び高い色再現精度を持つ10bitカラーの高いダイナミックレンジにより、自然の光表現と暗い環境も完璧に再現することができます。

www.insta360.com/より引用

手ブレ補正技術FlowState搭載

これまでの同社製品と同じく「FlowState手ブレ補正技術」を搭載しています。

センサーで傾きを感知して小型モーターで補正するジンバルは大掛かりなセットが必要ですが、内蔵の9軸センサーでカメラ単体でもシンバルと同等の補正効果で、VR撮影のダイナミックなカメラワークの実現が可能です。

www.insta360.com/より引用

現場にいなくても撮影に参加できる遠隔撮影機能

Insta360が開発した、発信機と受信機に分けスマホやタブレットで映像をモニタリングしカメラ操作する「Farsight」システムにより、遠隔撮影操作を可能にしています

このライブ映像モニタリングシステムがあれば、製作者はどこでもリアルタイムで映像を確認しながら撮影することができます。

ありのままの作品を表現できる再生技術

現在VRコンテンツのほとんどは4Kまでの再生となっており、11Kの高画質になると対応できないという問題があります。

そこで、この難題の解決案としてInsta360のVRコンテンツ再生技術「CrystalView」が開発されました。

CrystalView再生技術は、人間の視野角で見ることのできる部分のみを再生し、画質を下げることなく動画再生に必要な処理能力を下げます。

一定のスペックを持つスマホでも、Titanで撮影した高画質コンテンツをありのままに再生することができるようになりました。



Insta360 Titan 予約方法

Insta360 Titanの予約は、公式サイト 予約ページより申込できます。

販売価格は1,880,000円(税込)で、2019年4月より順次出荷される予定です。

予約時には予約金が必要ですが、予約キャンセルした場合には予約金は全額返金されます。

詳しくは公式サイトをご確認ください:Insta360 Titan

Insta360 Titan 製品概要

製品名:Insta360 Titan

予約開始日:2019年1月8日(火)

発送予定日:2019年4月より予約購入者へ順次発送予定

価格:1,880,000円(税込)

WEBサイトInsta360 公式サイト

ブログInsta360 ブログ

FacebookInsta360 公式Facebook(日本アカウント)

TwitterInsta360 公式Twitter(日本アカウント)

まとめ

Insta360は、2014年の創設以来360度カメラの新しい使い方と便利さを追求し続けていて、プロ向けから個人向けのものまで幅広いラインナップを展開しています。

今回は新モデルとして、11K撮影可能な一体型360度カメラ「Insta360 Titan」がアメリカ・ラスベガスで開催されている家電見本市「CES 2019」で発表されました。

ライブ映像モニタリングシステムFarsightや手ブレ補正技術FlowStateも実装され、ウリの技術はTitanでも健在です。









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む