VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

アウディがクルマをVR体験プラットフォームに変える新技術を発表!

アウディは、2019年1月7日、ラスベガスで開催されているコンシューマーエレクトロニクスショー(CES)で、次世代の車載エンターテイメントとなるVR体験コンテンツ「マーベルズ アベンジャーズ:ロケッツレスキューラン」を発表しました。


Audi e-tronのリヤシートで宇宙空間を体験

Audi e-tron

「マーベルズ アベンジャーズ:ロケッツレスキューラン」は、アウディとディズニーインタラクティブが共同制作したリヤシート乗員用のVR体験コンテンツです。

アウディは、CESで「ロケッツレスキューラン」を用いたImmersive futuristic technology(没入型デジタルテクノロジー)の試乗体験を行います。

これはアウディが開発したクルマの動きをVRコンテンツにリアルタイムに同期させる技術で、リヤシート乗員が最先端のVR技術をどのようにして楽しむことができるのかを実証するものです。

体験者は、Audi e-tron(SUVスタイルの電気自動車)の後部座席に座り、VRゴーグルを装着すると、映画の中に入り込んだような宇宙空間を旅することができます。

「ロケッツレスキューラン」は、VR体験者が乗っているAudi e-tronが『ガーディアンズ オブ ギャラクシー』が搭乗する宇宙船となり、2019年春に公開予定のマーベル映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』に登場するロケットと一緒に小惑星帯の中を進むコンテンツです。

乗車しているEV車のあらゆる動きは、リアルタイムでバーチャル映像に反映され、Audi e-tronが急カーブを曲がると、体験者は、VRの中で宇宙船の反対側へと回り込み、Audi e-tronが加速すると、宇宙船も加速します。

アウディとマーベルスタジオは、マーベルシネマティックユニバースにおいて、チームを組んできました。

2008年に公開された映画、『アイアンマン』にはAudi R8が登場しました。

この長年の協力関係により、アウディとディズニーインタラクティブは「マーベルズ アベンジャーズ:ロケッツレスキューラン」の共同制作が行われました。

今回の試みについてディズニーインタラクティブ副社長のマイク ゴスリンは、次のようにコメントしています。

アウディ、マーベル、ディズニーインタラクティブは、世界的に有名な映画と革新的なテクノロジーを組み合わせ、マーベルスタジオの10周年を記念するコンテンツを制作しました。

CESで公開されるこのデモンストレーションは、探究心と実験精神で開発されたものですが、私たちは物語や体験をさらに向上させるため、先進的なテクノロジーを絶えず評価しています。

引用元:プレスリリース




VRコンテンツとクルマの動きをリアルタイムで同期させる技術

Audi e-tron

アウディは、この新しい形態のエンターテイメントを可能な限り迅速かつ包括的に市場に浸透させるため、この技術を開発した子会社、Audi Electronics Venture GmbHを通じて、スタートアップ企業holorideを共同設立しました。

holorideは、自動車メーカーやコンテンツ デベロッパーがこの技術を用いて新しいVRコンテンツを作成し提供できるようにするため、オープンプラットフォームを使用して開発を進める予定となっています。

アウディのデジタルビジネス責任者で、将来的にholorideの最高経営責任者(CEO)に就任するニルス ウォルニーは、次のようにコメントしています。

クリエイターたちは、A地点からB地点への移動を、真のアドベンチャー体験に変える魅力的な世界を創造するために、私たちのプラットフォームを利用することになるでしょう。

自動車、各種デバイス、コンテンツ制作者に対して協力的でオープンなアプローチを採用することによってのみ、この新しいエンターテインメント分野を発展させることができます。

引用元:プレスリリース

オープンプラットフォームを使用することで、開発者のアイデア次第で、アーケードゲームや潜水艦での冒険から、世界遺産や人体を探索する学習ゲームまで、様々なコンテンツが創造されるでしょう。

holorideは、車両データへのインタフェースとして機能し、それらをバーチャルリアリティに転送するソフトウェア開発キットを提供し、五感のすべてを使用して車内で体験可能な世界をデベロッパーが制作できるよう開発を行っています。

また、コンテンツを楽しむだけでなく、視覚的な体験とユーザーの実際の感覚が同期することから、車中で映画やプレゼンテーションなどのの資料を見た時に起こる乗り物酔いの可能性を大幅に減らすことができるということです。

holorideの今後の展開

holorideは、直近の計画として、既に普及している標準的なVRゴーグルを使用して、リヤシート乗員用の新しい形態のVRコンテンツを、今後3年以内に市場に投入する予定です。

長期的には、car-to-Xインフラの継続的な拡大によって、交通での出来事がバーチャル体験の一部として反映されることも考えられます。

たとえば、車が信号で停止すると、ゲーム中に予期しない障害が発生したり、学習プログラムが途中で中断して簡単なクイズが出題されたりするなどが考えられます。

まとめ

今回発表されたアウディの技術はクルマそのものがVR空間となってしまうようなまったく新しいエンターテインメントですね。

未来的なコンテンツですが、3年以内には市場に公開される予定ということで、退屈な長距離ドライブが一変しそうですね。

日本の高速道路の渋滞の時にはどのようにコンテンツに反映されるのか気になります。

ソース:「マーベルズ アベンジャーズ:ロケッツレスキューラン」プレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む