VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRで海外物件を視察!ビヨンドボーダーズ「VR視察サービス」開始!

『IT×海外×不動産』をテーマに海外不動産事業を展開している株式会社ビヨンドボーダーズは、2019年1月11日(金)、VRを利用して日本にいながら海外不動産を視察できる「VR視察サービス」を2018年12月から開始したことを発表しました。


「VR視察サービス」とは

「VR視察サービス」は、ビヨンドボーダーズ社の海外不動産セミナー参加者を対象に、同社スタッフが360度カメラで撮影したマレーシアやカンボジアの物件内部や街中などの周辺環境映像を、VRゴーグルを使って体験できるサービスです。

サービス開始から1ヶ月、実際に「VR視察サービス」を体験した参加者からは

「現地に行ったかのような感覚が味わえる」

と好評を得ています。

今後は、海外不動産をより身近に感じてもらうため、「VR視察サービス」に対応する国や物件を増やして行く予定です。

現在「VR視察サービス」は、ビヨンドボーダーズ社主催の海外不動産セミナーで、会場が「ビヨンドボーダーズ本社」となっているセミナー限定のサービスとなっています。

海外不動産セミナー

「VR視察サービス」提供開始の背景について

海外で不動産を購入希望者にとって、従来の物件画像や映像のみでは個々の部屋や周辺環境について詳細に把握することは難しいです。

特に海外不動産は高額になるため、自分の目で物件を直接見てから購入を検討するケースが多いです。

しかし、海外物件の視察を目的として渡航するのは、時間的にも資金的にもコストがかかり、気軽に現地を訪問するのは困難です。

さらに、いくつかの国の不動産を比較したい場合には、一度に複数の国を訪問し比較するのはより困難で、視察できる国も限られてしまうのが現状となっています。

ビヨンドボーダーズ社では、このような海外物件の現地視察に関する課題を解決するため、日本にいながら、海外物件の内部や周辺環境の様子がリアルに感じられる「VR視察サービス」を開始しました。



セカイプロパティ運営と海外不動産エージェントサービスについて

ビヨンドボーダーズ社は、海外不動産メディア事業として海外不動産ポータルサイト「セカイプロパティ」の運営や海外不動産エージェントサービスの提供も行っています。

「セカイプロパティ」は、富裕層を中心とした、投資活動をサポートする目的で「不動産取引で生まれる『Happy』を世界中で」というミッションのもと、運営されています。

エージェント事業では、物件選びから賃貸付け・管理・売却まで、全て日本語での支援も行われています。

さらに、英語・中国語のネイティブスピーカーが在籍しており、グローバルな取引に対応しています。

また、マレーシア支社では、東南アジアの不動産視察ツアーや、現地のリアルな情報の収集・発信が行われています。

SEKAI PROPERTY

まとめ

海外不動産の購入や投資は高価な買い物になるため、「VR視察」は、現地視察のための時間も費用も削減できるありがたいサービスです。

国内の不動産業界でもVR内覧サービスが、スタンダードになりつつありますが、海外物件ではよりVRの特性が活かされ今後は、大きく発展していきそうですね。

ソース:「VR視察サービス」に関するプレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む