VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

最新のVR技術で物語の世界へ!日本初「移動式VR映画館」2月より全国で上映開始

イメージ

プロジェクションマッピングや映像制作などを含めたクリエイティブ活動を行う株式会社Zero-Tenは2019年1月17日(木)、同社とVRコンテンツをはじめとするCG制作の演出を行うMoonshot株式会社が共同でVRに特化したコンテンツ「移動式VR映画館」を開始することを発表しました。

2019年2月より日本全国各地で順次上映していくことが予定されています。


「移動式VR映画館」とは

イメージ

移動式VR映画館は様々なVRコンテンツを製作し、それを全国各地で上映していくプロジェクトです。

Zero-Ten社が持つデジタル映像制作技術や興行ノウハウとMoonshot社が持つVRコンテンツのプロデュースや演出技術を合わせて実施されています。

劇団などが各地域を巡業していくようなイメージで、「移動式VR映画館」もまた各地を上映しながら周っていきます。

通常の映画館では1つの場所に固定されたスクリーンと音響設備があり、観客がそれを観るというものでしたが、「移動式VR映画館」では観客がスクリーン代わりとなるVRヘッドセットを着けて観るので、VRヘッドセットと音響設備を各地に持ち歩いて周っていくことで、全国各地の商業施設や飲食店、学校などどこでも上映を行うことが可能になっています。

まずは2019年2月に大阪・梅田にある「VR ZONE OSAKA」での上映が決まっており、日本全国各地での上映が順次予定されています。

またこのプロジェクトは、将来的にアジア各国での上映も目指しています。

「移動式VR映画館」公式サイト

第一弾は西野亮廣氏著『えんとつ町のプペル』

イメージ

VRコンテンツ第一弾は、西野亮廣氏の著書『えんとつ町のプペル(出版 幻冬舎)』を題材としており、ユーザー自身がアバターになって物語の中へ潜入することができます。

このコンテンツは原作の世界観をVRで再現した約15分間の作品で、監督は『ABAL:DINOSAUR』などを手がけた尾小山良哉氏が務めています。

イメージ

イメージ

今回は、VRの世界の中で観客全員が物語を共有体験できるシステムが採用されています。

使用するVRヘッドセットはPCやスマホを必要としないスタンドアロン型HMD「Lenovo mirage solo」が採用されており、外部スピーカーなど立体感のある音響環境と合わせて物語の中に入り込む今までにない体験が可能になっています。

また吉本興業プロデュースのクラウドファンディング「SILKHAT」にてプロジェクトが公開されています。

プロジェクトサイト




上映予定

場所:【大阪】梅田 HEP FIVE 8・9F VR ZONE OSAKA

主催:Moonshot株式会社

開催日程:2月8日(金)~3月15日(金) ※予定

席数:40席

上映時間:各回約15分 11:30~21:30

以降は全国で順次上映予定。

「Lenovo mirage solo」とは
レノボ社から発売されているスタンドアロン型(一体型)VRヘッドセット。外部機器を必要としておらず、ケーブルレス化が実現されているため快適に使用できるようになってます。

全ての機能がVRヘッドセット本体に一体化されているため、本体一つでVRコンテンツが楽しめるようになっています。

参考:「Lenovo Mirage Solo with Daydream」記事[VR Inside]

まとめ

劇団などの巡業のように全国各地を周りながらVRコンテンツを上映する「移動式VR映画館」がついに登場しました。

従来、上映にはスクリーンなど大規模な設備が必要になっていましたが、持ち運びが容易であり、また複数人が同時に観ることが可能なVRヘッドセットを利用することで全国どこでもVRコンテンツを上映することができるようになっています。

現時点では大阪での上映だけが発表されていますが、そのうち住んでいる地域に来るかも。そう考えると非常に楽しみです。

ソース:「移動式VR映画館」プレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む