VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ラーメンの次は丼ぶり!PSVR専用ゲーム『カウンターファイト SE』が2月リリース!

イメージ

江戸時代を舞台として丼ぶり屋を体験することができるPSVR専用ソフト「カウンターファイト SAMURAI EDITION」の配信が、2019年2月に予定されています。


「カウンターファイト SAMURAI EDITION」とは

「カウンターファイト SAMURAI EDITION」は丼ぶり屋を体験することができるVRゲーム。プレイヤーは江戸時代の丼ぶり屋の店主となって、次々と現れるサムライたちに

・カツ丼

・親子丼

・焼き魚

・清酒

などいろいろな料理を提供しながらさまざまなモードでスコアを競っていくという内容になっています。

このゲームは2018年12月にPSVRで登場したVRラーメン屋体験ゲーム「カウンターファイト」の続編で、前作同様それぞれの料理にリアルな調理手順が求められており、いかに手順に沿って手際よく提供できるかがポイントになっています。

なお、このゲームはダウンロード販売のみで価格は現時点で未定となっており、プレイにはPSMove モーションコントローラー2本が必要です。

カウンターファイトがパワーアップして登場しました!

今回のカウンターファイトは、日本の江戸時代を舞台にした丼ぶり物や焼き魚などの和食屋の体験ができるVRゲームです。

次々と現れる個性豊かなお客さんに、親子丼やかつ丼、うなぎ丼、焼き魚、酒などを提供します。

世界中のプレイヤーとスコアを競うランキング機能搭載!

引用:カウンターファイトSE公式サイト

イメージ

www.jp.playstation.com/blog/より引用

「カウンターファイト」ならではの自由な遊び方も健在

また前作「カウンターファイト」ならではの、周囲の物を気に入らない客や助手に投げつけるなどといった自由なプレイスタイルも健在です。

今作では更にパワーアップして、怒った客が物を投げてくるようになっており、それを刀で切り落とすといった江戸時代ならではの攻防も可能になっています。

イメージ

www.jp.playstation.com/blog/より引用





ゲーム内容

前作の「カウンターファイト」は現代のラーメン屋を体験するものでしたが、今作は江戸時代の丼ぶり屋を体験する内容になっています。

登場する料理は丼ぶりの他、いろいろな和食メニューが登場し、それぞれを手際よく調理していかなければなりません。

例1:カツ丼

トンカツを油で揚げてひと口サイズにカットし、ご飯を丼ぶりによそって盛り付けます。

イメージ

www.jp.playstation.com/blog/より引用

例2:親子丼

鍋に入れた卵と具材を七輪で煮て、ご飯を丼ぶりによそって具材をご飯の上に載せます。

イメージ

www.jp.playstation.com/blog/より引用

例3:焼き魚

新鮮な魚を取り出して半身にカットします。そして炭火で焼けば完成です。

イメージ

www.jp.playstation.com/blog/より引用

ゲーム概要

イメージ

www.jp.playstation.com/blog/より引用

発売元:株式会社トリコル

フォーマット:PS4(PSVR専用)

ジャンル:アクション

配信日:2019年2月予定

価格:ダウンロード版 販売価格 未定

プレイ人数:1人(12才以上対象)

©Tricol Co., Ltd. All rights reserved.

公式サイト

まとめ

2018年12月に発売された自由なプレイスタイルで人気を博したVRラーメン屋体験ゲーム「カウンターファイト」の続編が登場しました。

今回は江戸時代を舞台とした丼ぶり屋の店主になって客(サムライ)たちに料理を振舞うというものです。

前作との違い、客を怒らせると丼ぶりを投げてくるので刀を使って防御するさまざまな和食メニューを手際よく提供するといった点も、今回初めてプレイする人や前作からのファンもより楽しめる要素になっているのではないでしょうか。

さらなる続編も出ることを期待したいですね。

関連記事:「カウンターファイト」がPSVRに登場[VR Inside]

参考:PlayStation.Blog









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む