VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ARで観光情報を窓に表示!JR九州などがARを活用した観光サービスの実証実験を開始

九州旅客鉄道株式会社と株式会社NTTドコモは、新たな情報表示プラットフォームとして、列車の窓とAR技術を活用した新体感の列車内観光サービスの実現に向けて2019年1月25日(金) に協業協定を締結し、2019年春より実証実験を開始することを発表しました。


車窓を活用した新体感列車内観光サービスとは

「新体感列車内観光サービス」とは、AR技術を活用することによって、風景に合わせた観光情報を列車の車窓へリアルタイムに表示するサービスです。

・観光スポット付近ではその見どころや歴史に関する情報

・おすすめの景観にはシャッターチャンスを通知

・あいにくの天気の日には、おすすめの季節や時間帯の景色映像

が表示され、利用者はタッチや声などの簡単な操作で必要な情報を得ることができます。

また、列車内における新体感観光サービスのほか、利用者のスマートフォンやタブレット端末と連携することで

・列車降車時から目的地までの観光ガイドの提供

・多言語対応

もできるようになり、利用者の旅行の満足度向上を目指した取組みがなされています。

さらに将来的には、

・沿線地域の活性化

・社会課題の解決

に向けた取り組みとして、

・地域文化

・伝統工芸

・特産品

など、さまざまな地域の魅力を効果的に伝えることのできる観光ガイドサービスへと進化させる方向で検討が進められています。





サービスの導入検証について

2019年春より、肥薩線の人吉駅~吉松駅区間を走行する観光列車「いさぶろう・しんぺい」の車内にて、列車の走行位置に応じた観光情報をタブレット端末上で提供するという実証実験が行われる予定です。

「いさぶろう・しんぺい」とは、洗練されたルックスやインテリア、ユニークな仕掛けを備え、乗ること自体が目的となるような、JR九州が運行する観光列車です。

www.jrkyushu.co.jp/trains/isaburou_shinpei/より引用

まとめ

デジタル情報を付与しCGなどで作った仮想現実を実際の世界に反映するAR技術を活用して、車窓の絶景に観光情報を表示させるという新たな取り組みが始まります。

今後始まる実証実験では、日本三大車窓の絶景とループ・スイッチバックで知られるJR九州の観光列車「いさぶろう・しんぺい」が選ばれています。

明治時代の偉人にちなんで鹿児島・吉松行きが「いさぶろう」熊本・人吉行きが「しんぺい」と命名され、ぬくもりのある木製インテリアと大きく広がるパノラマ窓が特長です。

魅力のそのパノラマ窓には役に立つ観光情報がたくさん表示され、スマホと連動すると降車したあとにも役立つ観光情報も提供してくれます。

窓が観光ガイドに進化することで、景色をより楽しむことができ、きっと今までにない新しい旅行体験が味わえることでしょう。

ソース:「列車の車窓を活用した新体感観光サービス」に関するプレスリリース[PR Times]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む