VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ARアプリでカワイイ猫戦車を撮影!「にゃんころ家AR」クラウドファンディングで支援募集開始

スペックコンピュータ株式会社は、ダンボール製の戦車型猫ハウスとARアプリを合体させた「にゃんころ家AR」について、クラウドファンディングでの支援の募集を2019年2月4日(月)より開始したことを発表しました。


「にゃんころ家AR」とは

「にゃんころ家AR」とは、ダンボール製の戦車型猫ハウスと、スマホのカメラかざすとCGキャラクターなどが出現するARアプリのセットです。

・ARによるバーチャル世界で、愛猫のオモシロ写真が撮れる

・組み立て簡単なダンボール製のカワイイ猫戦車ハウス

・無料でダウンロードできるARアプリはiOS・Androidに対応

・手持ちの端末がアプリに対応しているか購入前にテスト可能

などの特長があります。

愛猫がゲームの世界に飛び込んだようなユニークな写真を撮ることができ、SNSにアップするなどして楽しむこともできます。

公式サイトネコハピ

クラウドファンディング:「にゃんころ家AR」[CAMPFIRE]

「にゃんころ家AR」の遊び方

1.猫ハウスを作製します。

2.戦車型ハウスの前に付属のARシートを敷きます。

3.ARカードを置いて、自分好みのレイアウトにします。

4.猫がハウスの近くに来たり、入ったら、撮影開始です。

5.ARアプリを起動し、スマホをマーカーの真上にかざしてARを表示させます。

※付属のARシートは中央にマーカー印刷、ARカードはカード全面がマーカーになっており、マーカーを認識することでキャラクターが表示されます。

6.アングルを決めて、写真撮影。





「にゃんころ家AR」製品内容

【猫ハウス・・・1個(幅約38cm・奥行き約50cm・高さ約38cm、ダンボール素材)】

【ARシート・・・1枚(約60x60cm・厚さ約0.5mm、フィルムシート(PVCシート)素材)】

【ARカード・・・6枚(約8.5x10cm、厚紙素材)】

※写真は開発中のもので、実際の商品の仕様・デザイン等は変更となる場合があります。

【アプリ】

App Store / Google Playより無料でダウンロードできます。

【WEBページ】

公式サイトネコハピ

クラウドファンディング:「にゃんころ家AR」[CAMPFIRE]

まとめ

猫との時間が増えたり、笑顔が増えたり、猫と人とがハッピーになれる商品をつくる猫グッズブランド「ネコハピ」が、猫好きにはたまらない猫ハウス&アプリを企画しました。

ダンボール製の猫ハウスとAR技術を活用しCGキャラクターを合わせて、愛くるしい猫の姿をスマホでだれでも簡単に撮影することができます。

こんなカワイイ姿自分だけで楽しむのはもったいなくて、きっとシェアせずにはいられません!

ソース:「にゃんころ家AR」プレスリリース[ValuePress]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む