VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

OculusGO対応にアーカイブ機能も!clusterカンファレンス参加レポ!

VRイベントプラットフォーム「cluster」運営しているクラスター株式会社によるカンファレンスが2019年2月5日に開催されました。

新元号に向けてclusterは今後、どのような進化を遂げるのか?

clusterの今後の展望について、クラスター株式会社社長「加藤直人」氏が語りました。

先日開催されたバチャライブに引き続き、VR店長がカンファレンスに参加して来たのでその詳細な内容をレポートしていきます!


clusterカンファレンスの前座はくらすたーちゃん!

今回のclusterカンファレンスの前座はとしてくらすたーちゃんが担当。

ピカチュウの日にちなんで、ピカチュウのものまねを披露していました。

なかなかクオリティの高いものまねで、参加者はたくさんのハートを出していました。

カンファレンス前座くらすたーちゃん

また、ピカチュウだけでは物足りないと、なぞかけも1句披露。

なかなかよくできた1句に参加者はもちろん、加藤氏も褒めていました。

そんな楽しい和やかな雰囲気の中、clusterカンファレンスが開始しました。

まずはクラスター社のスローガンを改めて紹介!

clusterカンファレンス

まず最初にクラスター社のスローガンについて改めて紹介しました。

クラスター社のスローガン「ひきこもりを加速する」。

このスローガンには

「VR上に経済圏を作り、全人類がひきこもれる世界を作る」

という熱い想いがこめられています。

全人類がお金なと、世知辛い問題を気にすることなく、ひきこもれるように、バーチャルクリエイターやアーティストがVRで生活できる(稼げる)空間作りにクラスター社は力を注いでいます。

clusterの目標

最近では、

・チケット販売によるVRイベント

・Vアイテムの導入

などによって、少しずつでもその目標に近づきつつあるようで、加藤氏も

「3年後には、clusterで生活できる人が現れるように頑張る」

とさらなる意気込みを語っていました。

clusterで価値の提供

今までのclusterを振り返り

クラスター社のスローガンを紹介した後は、clusterが正式リリースされてから今日までのclusterの出来事を振り返りました。

2017年6月のcluster正式リリースに始まり、

・2018年5月 アバターのアップロード機能公開

・2018年8月 輝夜月ちゃんのVRライブ開催(世界初の商業VR音楽ライブ)

輝夜月のVRライブ

・2018年11月 Vアイテム機能リリース

clusterVアイテム

・2018年12月~ ゆるくら会 開催

ゆるくら会

・2019年2月 バチャカリライブ

バチャカリライブ

など様々なイベントやアップデートが行われました。

どのイベントも素晴らしいものでした!

が、clusterはまだまだ止まりません。

ひきこもりをさらに加速させるため、さらなる新機能が紹介されました。

新機能追加!clusterのこれから!

clusterをより快適に利用できるように、導入予定の様々な機能やシステムが公開されました。

弱めPCでも快適に!アバター制限表示機能!

clusterアバター表示制限

「ちょっと弱めスペックのPCだとclusterに入るのが難しい」

そういった声も多かったこともあり、新たに「アバター制限表示機能」が導入されることが公開されました。

アバター制限表示機能は観客のカスタムアバターの数を減らしたりなど、色々と制限を設けることで弱めスペックのPCユーザーでも快適にclusterを楽しめるようになります。

アバター制限表示機能は来週リリース予定とのこと。

操作性アップ!レーザー式UI(VR版)導入!

clusterレーザー式UI

VR利用者のみですが、UI(ユーザーインターフェース)の操作性アップのためレーザー式に変更となります。

またメニューにも改良が加えられ、マイクなど今まで分かりにくかった情報が分かりやすくなり、全体的に操作性アップするようです。

この新しいUIも来週リリース予定とのことです。

弱めスペックに&レーザー式UIに対応。

この新機能導入には、ある秘密が隠されていました。

その秘密とは・・・

Oculus GOに対応!

clusteroculusgo対応

そう!

ついに、clusterがOculus Goに対応となります。

まだ開発中とのことですが、開発段階では、とりあえずOculusGOで動いてはいる状態ではあるようです。

しかし、快適に利用するためにはまだまだ色々と削らないといけない部分があるようで、リリースされる際は色々仕様を削った制限版になる予定らいしです。

リリース時期は未定ですが、

「新元号には間に合わせます!間に合わせたい!」

と加藤氏は意気込んでいました。

さらにOculusGOに続き、新元号に間に合わせいもう一つの機能についても紹介されました。

ライブ体験をもう一度!アーカイブ機能!

clusterアーカイブ機能

前回のカンファレンスでも語っていた「アーカイブ機能」

ローカル環境ではアーカイブ再生が成功するなど、着実に開発は進んでいるようです。

また2月からデータを取りはじめているので、2月3日に開催された大鳥一姫ちゃんのバチャライブもアーカイブ機能で再度見れるとのこと!

さらにこのアーカイブ機能、観客も含めた全データを保存しているので、その時の状況を丸々再現できるらしく、

1人寂しくライブを楽しむ

なんてことにはならないようです。

リリースは今春予定とのこと。

リリース未定だが現在開発中の新機能!

cluster開発中の機能

リリース時期は未定ですが、新機能として

・フルトラッキング機能

・ワールドアップロード機能

・ロビー機能

が現在開発中であることも紹介しました。

特にフルトラッキング機能については、体の動きがcluster内に反映されるので、VR土下座が出来るようになるそうです。



参加者の疑問に加藤氏が答える!質問コーナー

cluster質問コーナー

clusterの今後の展望について一通り解説した後は、参加者からの質問にお答えしていました。

その質疑応答の内容を一部紹介します。

写真に日時を載せて欲しい

加藤氏の回答

写真の日時で管理はやりたいって思ってますので、お待ちいただけると!

ルーム内の人数を表示して欲しい

加藤氏の回答

今、人数を表示するUIがどこにも無いので、UIが一新されるので分かるようにしたいなと思います。

コメントログを遡りたい

加藤氏の回答

現状はVR版しか遡れないので、PC版でもコメントを別窓で表示しようと考えています

Mirage Soloへの対応は?

加藤氏の回答

OculusGoへの対応が終わったら考えます。

アバターが他人からどのように表示されているか知りたい

加藤氏の回答

これ要望が強いのでUIの表示していきたいなと思ってます。

ハンドジェスチャー機能が欲しい

加藤氏の回答

グーパー以外の他のやつが出来るように頑張ります。

Vアイテムの種類増やして欲しい

加藤氏の回答

Vアイテムの種類増やしたいのですが、人手がかかるので人が増えてきたらVアイテムの種類も増やしていこうと思います。

スクリーンに動画を映るようにして欲しい

加藤氏の回答

これもタスクに積まれているんですが、実はしれっとBGMを流す機能はついています。

BGMはストリーミングの仕組みで流れているので、動画対応も同じ感じで出来るかなと考えてます。

アバター複数保持して切り替えたい

加藤氏の回答

これは僕もやりたいなって思ってて、タスクに積んでいます。

僕も人間型アバター用意して、人間になりたいなという野望があります。

音楽ライブなどで前方にアバターが集中して見づらくなるのですが対策はありますか?

加藤氏の回答

すいません。

ライブの時だけ前の方を見やすくするとか今、対応進めてる最中です。

あと、ネームプレートを消す機能があることが浸透していなかったらしくて、今後、イベント主側でネームプレートの操作を出来る機能を入れようかとちょっと考えています。

上記の他にも、

PSVR対応

視点を高く出来る機能が欲しい

自分以外のアバターの非表示

などなど、参加者からの質問や要望に対して、前向きに検討する姿勢を加藤氏は見せていました。

今後のイベント告知

最後はくらすたーちゃんより、今後cluster上で開催されるイベント情報を紹介しました。

2月8日21時〜:ゆるくら会#8 大魔王襲来

ゆるくら会#8

2月13日20時〜:国内初! バーチャルピッチグランプリ in cluster presented by KDDI∞Labo

バーチャルピッチグランプリcluster

2月15日19時〜:「KMNZ VR LIVE」in cluster

kmnzのVRライブcluster

5月1日19時〜:輝夜 月 LIVE@ZeppVR2

輝夜月VRライブcluster

まとめ:これからのclusterに期待!

以上でclusterカンファレンスは終了です。

気になる最新情報が盛りたくさんでしたね!

個人的にはOculusGOへの対応は非常に嬉しいです。

手軽にサクッとclusterにVRで参加出来るのは非常にありがたいです。

また、OculusGoは通常のVRヘッドセットを導入するよりもはるかに安く済むので、VRユーザー拡大にも大きく関わってくるのではないかと思います。

今後のclusterにさらに期待です。

ちなみに今回のカンファレンスはYoutubeにて動画公開されているので、より詳しく内容を知りたい人は是非一度ご覧ください!

関連記事:マジ凄かった!VRアイドル「大鳥一姫」の初VRライブに参戦してきた!

公式サイト:cluster









VRInside~VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア~


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む