VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

医療用VRコンテンツ「HoloEyesXR」をプリイン!Mirage Soloビジネスエディション 販売開始!

株式会社アスクは、HoloEyes株式会社が提供する医療用VRコンテンツ「HoloEyesXR」をプリインストールしたHMD『Lenovo Mirage Solo with Daydream ビジネスエディション HoloEyesモデル』を、2019年2月5日(火)に販売開始したことを発表しました。


「Mirage Solo ビジネスエディション HoloEyesモデル」とは?

『Lenovo Mirage Solo with Daydream ビジネスエディション HoloEyesモデル』はLenovo社が提供するVRヘッドセット「Lenovo Mirage Solo with Daydream」に、HoloEyes社が提供する医療用VRコンテンツ「HoloEyesXR」がプリインストールされた製品です。

Mirage Soloはケーブルが不要で、しゃがむ、飛び跳ねる、前後左右に動くなど自然な動作をVR空間に再現することができるスタンドアロン型のVRヘッドセットです。

ヘッドセットにコンテンツがプリインストールされることによって、医療従事者は、PCの用意やVRアプリ構築に関するプログラミングの知識がなくても、手軽にVRを使用することができます。

「HoloEyesXR」とは

「HoloEyesXR」とは、HoloEyes株式会社が提供する医療用VRコンテンツです。

患者のMRIデータやCTスキャンデータからVRやMRのアプリケーションを作成し、臓器や患部を仮想空間で把握できるもので、医療コミュニケーションを革新するクラウドサービスとなっています。

VRやMRを活用することで、手術前のカンファレンスで使用したり、遠隔地でも症例を共有することが可能です。

公式サイトHoloEyesXR



製品概要

製品名:Lenovo Mirage Solo with Daydream ビジネスエディション HoloEyesモデル

型番:MSolo-BE-HoloeyeXR-001

価格:64,800円(税別)

製品情報レノボ公式オンラインショッピング

※掲載情報は発表日現在のもので最新の情報とは異なる場合があります。

まとめ

医療用VRコンテンツがプリインされたHMDによって、医療分野で手軽にVRが利用できるようになります。

治療に専念したい現場にとって、PCやVRに関する知識がなくてもVRなど3次元映像を使用することができることは大きなメリットです。

VR技術が医療や教育の現場をサポートするための当たり前のツールになることを期待したいですね。

ソース:「Lenovo Mirage Solo with Daydream ビジネスエディション HoloEyesモデル」プレスリリース[PR Times]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む