VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Maya用VRプラグインソフト「MARUI 3」販売開始!3D&VR展へ出展も

株式会社MARUI-PlugInは、デザイン・クリエイティブ製品全般を取り扱う総合商社である株式会社Tooと代理店契約を締結し、2019年2月6日(水)よりAutodesk Maya用VRプラグインソフト「MARUI 3」の代理店販売を開始したことを発表しました。


Autodesk Maya用VRプラグインソフト「MARUI 3」とは?

「MARUI 3」は、

・モデリング

・レンダリング

・シミュレーション

・テクスチャリング

・アニメーションツール

を搭載した3DCG制作ソフトである「Maya」のVR UIを提供することで、より創造的で効率的な制作を可能にし、3DCGデザインの可能性を広げることができるソフトウェアです。

2018年からMARUI-PlugIn社が提供を開始し、VRの導入を進めている映像やゲーム業界から大きな反響を得ています。

さらに、リリース後もユーザーからのフィードバックをもとに、VRキーボードやVRウィンドウ画面、さらには特殊なカメラワークなど多様な機能のアップデートを重ねてきました。

Autodesk Mayaの利用者だけでなく、新しい3DCG制作フローに興味のあるクリエイターに最適なツールです。

株式会社Tooが代理店販売を開始!

今回Too社が代理店販売を行うに際し、ライセンスはサブスクリプションの販売のみとし、ユーザーが利用しやすいよう3つの期間(3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月サブスクリプション)が設けられました。

これまで欧米を中心にユーザーが拡大してきた「MARUI」ですが、日本の教育現場でもICTの本格導入が進み、新しいカリキュラムにVRを検討したり導入するケースが増えてきました。

そのような状況を踏まえ、今後は教育機関向けの販売も予定されています。



3D&バーチャル リアリティ展に出展

Too社は、「MARUI 3」の取り扱い開始とあわせて、2019年2月6日(水)から8日(金)に東京ビッグサイトで開催されている「第27回 3D&バーチャル リアリティ展」に「MARUI 3」を出展しています。

出展情報

「MARUI 3」製品概要

対応VRデバイス:Oculus Rift & Touch/HTC Vive/Windows MR/Leap Motion/OvrvisionPro

Maya対応バージョン:Maya2014/Maya2015/Maya2016/Maya2016 Extension2 (2016.5)/Maya2017/Maya2018/Maya2019 ※Maya LT には未対応

開発元:株式会社MARUI-PlugIn

サブスクリプション価格

3ヶ月ライセンス:16,500円(税別)

6ヶ月ライセンス:33,000円(税別)

12ヶ月ライセンス:66,000円(税別)

※上記はスタンドアロンライセンス価格

※フローティングライセンス及びボリュームライセンスについては要問合

詳細:MARUI製品ページ

まとめ

開発メーカーであるMARUI-PlugIn社は「MARUI 3」のリリース後、「日本市場への積極的なアプローチを行い、今後1年以内に1000ユーザーの獲得を目指す。」と発表していました。

欧米でのユーザーの拡大に加え、日本国内でのユーザー拡大に本格的にのりだしたということでしょうか。

今回、代理店契約を結んだToo社はMayaに代表されるAutodesk社の製品など、映像やデザインなどクリエイティブ市場の総合商社ですから「MARUI 3」の代理店としてベストな相手で、Too社にとっても魅力的な販売商品ということでしょう。

今後、日本国内でVRを活用したすばらしいコンテンツの創造が増加していきそうですね。

ソース:「MARUI 3」代理店販売に関するプレスリリース[PR TIMES]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む