VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

NTTドコモが5Gを活用した360度8K VRライブ映像配信・視聴システムを開発!

株式会社NTTドコモは、世界初の5Gを活用した、360度8K3D60fpsのVRライブ映像配信・視聴システムを開発したことを発表しました

このVRライシステムを利用することでスポーツや音楽のライブイベントをリアルタイムに360度8K映像として撮影、配信することが可能となりました。


まるでその場にいるかのような視聴体験を実現!

360度8K3D60fpsのライブ映像配信・視聴システム開発にあたり、NTTドコモは、スポーツなどの激しい動きのある映像コンテンツでもスムーズに視聴できるように、フレームレート60fpsに対応した8Kエンコーダを開発しました。

また、ライブストリーミング専用3Dカメラとスティッチング装置も開発し、3Dによる立体感のある映像視聴を可能にしています。

さらに、音響システムにおいても、ヤマハ株式会社の立体音響技術「ViRealTM(バイリアル)」を導入し、前後上下左右、あらゆる方向からの音をヘッドホンで体感できるようになっています。

なので、スポーツや音楽イベントなどこのライブ配信システムを活用することで、まるでその場にいるかのような、より本物に近い臨場感を味わえるVRライブ体験を楽しむことができます。



5Gを活用しての映像配信も成功!

なお、HTB(北海道テレビ放送株式会社)、NECと共に、今回のVRライブ配信・視聴システムの体感を目的に、「第70回 さっぽろ雪まつり 8丁目 雪のHTB広場」の会場を撮影し、「8丁目 雪のHTB広場ブース内」および東京ソラマチで開催中の「ドコモの未来体験空間『PLAY5G 明日をあそべ』会場」へ、5G活用しての映像配信に成功しています。

NTTドコモは

今後もスポーツや音楽イベントなどの新エンタメ体験の実現に向け、5Gを用いてどこからでも高品質な360度映像をアップロードし、配信可能なVR技術の開発に取り組むとともに、「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」※6のパートナーと共に、5Gのさまざまな利用シーン創出やソリューションの実現をめざしてまいります。

引用元:NTTドコモプレスリリース

とコメントしています。

まとめ

8K60fpsでのVRライブ配信・視聴ができるというのは驚きですね!

北海道と東京での配信実験も成功しているとのことでかなり期待できますね。

高画質で動きも滑らか、そして音響も良いとなると、現実と仮想の境界線がなくなってしまいそうですね。

ただ、8k60fps対応の記事を揃えるとなるとそれなりの金額がかかると思うので、しばらくは体験施設やイベントなど個人ではなく、企業側での利用が多そうですね。

ソース:NTTドコモプレスリリース









VRInside~VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア~


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む