VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR空間内を自由に歩行!歩行用VRデバイス「Cybershoes」クラウドファンディング開始!

Cybershoes GmbHは2月5日、現在開発中の歩行用VRデバイス「Cybershoes」のクラウドファンディングキャンペーンをIndiegogoにて開始したことを発表しました。


歩行用VRデバイス「Cybershoes」とは?

「Cybershoes」はサンダル型のデバイスを両足に装着するだけで、VR空間内を自由に歩いたり走ったりできるようになる家庭用VRデバイスです。

従来の歩行用VRデバイスは、ルームランナーのような大型マシンが必要でしたが、この「Cybershoes」はサンダル程の大きさしかないので、手軽に導入することができます。

「Cybershoes」の使い方

「Cybershoes」はVRヘッドセットと回転椅子さえあれば、没入感の高いVR歩行体験を楽しむことができます。

「Cybershoes」をサンダルのように履き、回転椅子に浅く腰かけるだけで利用できます。

装着底面中央にはローラーが備わっており、足に履いた状態で前に進むように足を動かせば、VR空間でも前進し、後ろに下がるように足を動かせば、VR空間内でも後進するといった具合です。

自分の動きとVR内のキャラクターの動きが連動するため、VR体験をより臨場感溢れるものへと変えてくれます。

様々なVRヘッドセットやVRゲームに対応!

「Cybershoes」は高い互換性を誇っており、

・HTC Vive

・Oculus Rift

・Windows MR

といったVRヘッドセットの他、

・VR HMDのPimax

・タッチパッド

・モーションコントローラー用のSteamアプリケーション

・SteamVR

などなど、自由歩行をサポートするあらゆるVRゲームに対応しています。

「Cybershoes」のクラウドファンディングがIndiegogoで新たにスタート!

歩行用VRデバイス「Cybershoes」のクラウドファンディングがIndiegogoにて新たに開催されています。

「Cybershoes」は2018年10月にもクラウドファンディングを実施しています。

その際はわずか1日で目標額を上回り、最終的には目標額の7倍以上の資金を募ることに成功しています。

革新的なVRデバイスということで、今回のクラウドファンディングにも注目が集まっているようです。

>>Cybershoes Indiegogoキャンペーンページ



Cybershoes GmbH CEO兼Cybershoes発明者「Michael Bieglmayer」氏の言葉

VRには無限の空間が広がっていますが、これまでは快適に歩き回ることが困難となっていました。

そこで私たちは実験を繰り返し、プレイヤーを立たせるのではなく、座った状態で操作してもらうことが突破口になるというひらめきを得ました。

それからさらに試行錯誤を続けることで、Cybershoesという興奮すべき成果を出すことができたのです。

没入感の高い体験を届けるCybershoesは、全ての利用者を魅了し、回転椅子に座っていることをすぐさま忘れさせてくれます。

人間が立っている状態で目の高さから入ってくるような映像と、実際に両足を動かすという操作体系を組み合わせることで、本当にバーチャル世界を歩いているかのように脳を錯覚させることができます。

引用元:Cybershoesプレスリリース[@Press]

まとめ

東京ゲームショウ2018で披露されて以来、注目を集めていた「Cybershoes」。

前回のクラウドファンディングで日本は二番目に資金援助が多かったようです。

日本においてもどれだけ注目を集めているかが分かりますね。

今回のクラウドファンディングには先着で早期出資割引も含まれているようで、早期出資割引が適応された場合は通常よりもお得価格で購入することができるそうです。

かなりの運動効果も見込まれている「Cybershoes」。

気になる人は是非、クラウドファンディングページをチェックしてみてください。

ソース:Cybershoesクラウドファンディングプレスリリース[@Press]









VRInside~VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア~


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む