VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

HPによる新たなWindows MRデバイスが登場!「Copper」というコードネームで開発中

HPは2017年にWindows MRデバイスを発売していますが、現在HP社は独自のVRヘッドセットを開発しています。

「Copper」というコードネームの同デバイスは従来のVRデバイスを大きく上回る解像度を有しているのが特徴で、HPによる新たなWindows MRデバイスの一機種となるようです。


HP社が新型Windows MRデバイス「Copper」を開発中!

海外VRメディアRoad to VRの記者であるBen Lang氏は、先日カリフォルニア州パロアルトにあるHP本社に訪れ、このCopperのハンズオンデモを体験しています。

HP社はVR専用のラボを設置しており、まだ開発段階であり一般向けには発表されてないCopperは外部から完全にシャットアウトされた環境で開発が行われているとのことです。

従来のWin MRデバイスを上回るスペック

マイクロソフトは2017年に同社独自のVRデバイスの規格「Windows MR」を発表し、同社によるリファレンスデザインを基に各メーカーによってデバイスが製造・発売されています。

hololens(出典:Amazon

Windows MRデバイスを開発しているのは

・HP

・Acer

・Dell

・Lenovo

・Samusung

あと日本では「富士通」もWindows MRデバイス開発企業として名を連ねています。

これらのデバイスはマイクロソフトのリファレンスデザインを基にしているためスペックは基本的には共通しています。

(ただし、SamusungのOdysseyは高解像度のディスプレイを備えており、WindowsMRデバイスの上位モデルという位置づけです)

また、トラッキングはHTC Viveのような外部センサーを設置する必要はなく、内蔵のセンサーのみでトラッキングを行うインサイド・アウト方式を採用しているため、セットアップが簡単です。

ハイエンドのPCVR機器よりも高い解像度を有している

そして、このCopperもWindows MRデバイスとして開発が進められていますが、従来のWMRデバイスを含め現行のVR機器を大きく上回る解像度を有しているのが特徴的です。

Windows MRデバイスの平均的な解像度は片目1,440 x 1,440ですが、Copperはこれを大きく上回り、片目2,160 x 2,160という解像度を実現しています。

これはOdyssey、また同デバイスの改良版のOdyssey+の解像度である1,440 x 1,600と比べても約倍以上のピクセル数を表示可能ということになります。

実機デモを体験したLang氏によると、Copperで表示可能な映像はきわめて精細であり、ディスプレイに網目模様が見えて没入感が下がってしまうスクリーンドア効果もなかったとのことです。

また、HPのプロダクトマネージャーであるJohn Ludwig氏はCopperの設計に関して、最も重要な要素は解像度であり、使用感は二の次だ、と述べています。

この方針は同社のWin MRデバイスのユーザーからのフィードバックに基づいたもので、この極めて高い解像度はユーザーのニーズを反映した結果であると言えます。



Oculus Riftに似たデザイン

そしてLudwig氏によると、Lang氏がハンズオンしたCopperの実機デモは初期段階に開発されたプロトタイプとのことで、デバイスの写真撮影は不可とのことでした。

ですがHPはテクスチャを施していないデバイスのレンダリング画像を提供していますが、画像を見る限り、Oculus Riftとほとんど同じデザインです。

ですがOculus Riftとの違いとして、デバイス前面にカメラが設置されていることが挙げられますが、おそらくトラッキングに用いられるものと思われます。

また、重量に関しては情報が明らかになっていませんが、Lang氏によるとCopperの重量は極めて軽かったとのことです。

ちなみにHPによると、Copperはプロフェッショナル用のデバイスとして位置づけていますが、エンタープライズ向けのみの販売ではなく一般への提供も行う予定とのことです。

価格・発売時期は現時点で未公表ですが、同デバイスはおもにトレーニングや建築、施設型VR体験での使用を想定しているとのことです。

2019年中にはCopperに関する新たな情報が発表されるかもしれません。続報に注目されます。

まとめ

HPが新型のWindows MRデバイスを開発しています。

デバイスには「Copper」というコードネームがつけられており、現在開発が進められています。

本デバイスを実際に体験した方によると、Copperではかなりクリアな映像が表示可能で、スクリーンドア効果などの問題もなく高性能なデバイスのようです。

現在のPCVR機器よりも高い解像度を有しており、外部接続のセンサーも必要ないのでセットアップも簡単に行えます。

現時点で発売予定や価格は未定なので、今後HPからの続報に注目されます。

参考サイト:Road to VR









Daisuke


フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

 

最新ニュースを読む