VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRで交通事故を疑似体験!大分県警が『VR交通安全動画』を公開!交通安全意識向上へ

株式会社カーメイトは、大分県警察本部と共同で、スマートフォンとVRゴーグルで交通事故の疑似体験ができる「VR交通安全動画」を制作したことを発表しました。


『VR交通安全動画』について

『VR交通安全動画』は、交通事故が再現された360度映像をスマートフォンとVRゴーグルを利用して疑似体験するものです。

カーメイト社の360度ドライブレコーダーを活用した交通安全教育用の8つのシーンのVR動画が、大分県警察のYouTube公式チャンネルにて2019年年2月8日(金)より公開され、だれでも視聴することができます。

動画制作の目的

中高生の自転車による事故が増加していることを受けて、大分県では一部の学校などを対象に、スタントマンによる事故再現を活用した交通安全教育が実施されています。

その取り組みに併せて360度ドライブレコーダーで撮影したVR動画を活用し、スマートフォンで手軽に事故の疑似体験をしてもらうことで、県民の交通安全意識向上と自転車事故の減少につなげることを目的に制作されました。

スタントマンによる事故再現とVRを併せた交通安全体験は全国でも初の試み(2019年1月 日本能率協会総合研究所調査による)になります。

カーメイト社は、2013年より大分県警と追突事故の減少を目的とした安全運転教育アプリの共同開発を行っており、同社360度のドライブレコーダーでリアルなVRコンテンツ制作をすることで、交通安全教育や安全運転に寄与するとの考えから今回参画したとのことです。

撮影は、撮影車両やスタントマンに、全天球の360度ドライブアクションレコーダー『ダクション 360 S』を装着して行われました。

歩行者目線、自転車目線、ドライバー目線など様々な視点からの体験ができるように、よりリアルに感じる位置などを工夫しながら制作されました。

『VR交通安全動画』概要

YouTubeチャンネル『大分県警察公式チャンネル』

動画公開日:2019年2月8日(金)

必要機材:VRゴーグル、スマートフォン、パソコン

大分県警察本部ホームページ大分県警察本部



動画の内容

動画の内容は、

・自転車

・横断歩道

・車対車

の3テーマ、8つシーン別に公開されています。

【1.自転車】

歩きスマホ歩行者との衝突(横断歩道無視)

傘差し二人乗り

猛スピード

【2.横断歩道】

直進車と歩行者の衝突

右折車と歩行者の衝突

【3.車対車】

T字路での側突

あおり運転

信号待ちでの追突

まとめ

世界中の自動車メーカーが自動車の安全性能向上に取り組んでいることもあり、日本での交通事故件数は15年前をピークに以降は減少傾向と言われていますが、自転車事故や歩きスマホでの事故、あおり運転など、昨今でも死亡につながる交通事故が多く発生しているのが現状で、十分に注意していても、また自分に全く非がなくとも巻き込まれる可能性もあります。

今回公開されたVR映像では、自転車目線、歩行者目線、ドライバー目線など様々な視点でリアルに疑似体験ができることで、事故が起こりやすい状況や場所を予測できるひとつのきっかけになります。

スタントマンによる事故再現とVR映像技術を併せた今回の交通安全体験のシステムが今後全国に広まり、1件でも交通事故が防げることを願うばかりです。

ソース:「VR交通安全動画」に関するプレスリリース[PR Times]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む