VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

コンテンツの制作から公開・閲覧まで簡単操作!「VRer!」サービス提供開始!

パソナ・パナソニック ビジネスサービス株式会社(PBS)は、VRコンテンツ制作プラットフォーム「VRer!(ブイアラー)」のサービス提供を2月14日(木)より開始することを発表しました。

サービス開始を記念し、2019年2月14日より2019年6月30日まで、有料プランの入会者には、初期費用が半額になるキャンペーンが実施されます。


「VRer!」とは?

「VRer!(ブイアラー)」とは、CGや動画を活用したVRコンテンツの制作から公開、閲覧までをワンストップで簡単に体験できるVRコンテンツ制作プラットフォームです。

最近では、プロモーションや顧客満足度を向上させる新たな手法として、VRの可能性に注目する企業が増えています。

ところが、VRのアプリを作成するには、企業は新たに技術者を雇用するか、社内で一から技術者を育成する必要があり、なかなか活用が進んでいません。

そこでPBSは、

・社員教育

・店舗

・オフィス

・都市設計

・商品サービス

などのシミュレーションで、VRを手軽に活用してみたい企業や、趣味でVRを楽しみたい個人向けに、「VRer!」のサービスを2月14日より開始しました。



「VRer!」でできる4つのこと

「VRer!(ブイアラー)」では次の4つのサービスが提供されています。

その1 VRer!Editor

難しいプログラミングをすることなく、ペイントソフトのような感覚でVRコンテンツをかんたんに制作できてしまうPC向け(Windows/macOS)ソフトウェアです。

その2 VRer!Square

VRer!Editorで使用できる素材を投稿・検索・ダウンロードできるサービスで、ダウンロードした素材は、VRer!Editorへ自動的に追加されます。

その3 VRer!Viewer

VRer!Editorで制作したVRコンテンツを閲覧するためのアプリです。
自分で制作したコンテンツはもちろん、他のユーザーが制作したコンテンツもスマートフォンから検索・閲覧ができます。

その4 VR活用コンサルティングサービス

お客様(法人)のニーズに合わせて、VR活用に関するコンサルティングからオリジナル3Dモデルの制作、日々のメンテナンスまでを全体的にサポートしてくれます。

まとめ

とうとうVRコンテンツを簡単操作で制作から公開までできるコンテンツ制作プラットフォーム「VRer!」がサービス提供開始されました。

VRが普及するに従って、プロモーションや顧客満足度を向上させる新たな手法として多くの企業の間でVR技術が注目されています。

ところが、VRコンテンツには技術的なハードルが高くなかなか実行に踏み出せない企業も多いようです。

今回紹介した「VRer!(ブイアラー)」はそのハードルを解消し、手軽にVRコンテンツを制作できるようになるので、VR業界の活性化に大きな刺激になりそうです。

ソース:VRer!プレスリリース[PRTIMES]









XRマッチョ


筋トレとVRを愛するライター。VRでマッスルを実現できないか現在思案中。

最新ニュースを読む