VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

待ち時間にVR視聴!旅行客向けの仮想体験型広告「VRトラベルAd」提供開始!

ナーブ株式会社は、開発したVR端末「CREWL(クルール)」を活用し、株式会社サイバー・コミュニケーションズと共同で、旅行客向けに特化した広告事業として、仮想体験型の新しい広告プラットフォーム「VRトラベルAd」の提供を、2019年2月19日(火)より開始したことを発表しました。


「VRトラベルAd」とは?

「VRトラベルAd」とは、旅行客(旅前・旅中)向けに特化した仮想体験型の新しい広告プラットフォームです。

一般のデジタル広告だけでなく、街中や商業施設などの屋外広告や交通広告など、家庭以外の場所で接触する広告(Out Of Home media)の魅力を最大限に活かすことができます。

静止画に対して100,000倍の情報量があり、動画よりも格段に情報量が多いVRでは、より実感を伴った仮想の体験を得られるため、視聴者に行動を喚起する高い誘導効果が見込まれています。

「VRトラベルAd」では、

・360度動画を利用した広告

・2D動画を利用して映画館でスクリーンを見ているような感覚で視聴する広告

の2つのパターンが用意されています。

旅行客の“旅前・旅中”にピンポイントでアプローチすることができるアドシステムのため、利用者のニーズに合わせた情報をタイミングよく提供することが可能です。

「VRトラベルAd」の第一弾として、沖縄市協力のもとH.I.S.の国内営業所への配信開始され、今後は各地の観光案内所や空港など配信場所がさらに広げられる予定です。





「VRトラベルAd」活用例

『チムドンドン・コザ』の紹介映像(沖縄市提供)

「VRトラベルAd」の第一弾として、沖縄市協力のもと、H.I.S.の国内営業所へ広告配信が開始されました。

「VRトラベルAd」を視聴することのできるVR端末「クルール」が161カ所・計194台設置され(2019年2月18日時点゙)、利用者はトラベルカウンターで待ち時間に視聴できるシステムです。

今回配信されているのは沖縄県沖縄市が提供する観光プロモーション映像『チムドンドン・コザ』で、伝統エイサーやロック、ジャズ、民謡等色々なジャンルの音楽を楽しめる街としての紹介をVRで閲覧することができます。

沖縄市観光PR映像チムドンドン・コザ

まとめ

老若男女問わず、手軽に使いやすい普及モデルとして設計されたVR端末「クルール」。

VR技術を接客や売買などのビジネスシーンで活用するサービスを展開するナーブ社が企画開発した接客用VR端末が、今回は旅行業界向け広告サービスと連携しました。

広告主にはピンポイントでアプローチできることで高い誘導効果が見込まれ、利用者は実感を伴った仮想体験を得られると、どちらにとっても期待感が高まるツールです。

ソース:「VRトラベルAd」プレスリリース[PR Times]









VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

 

最新ニュースを読む